「本当に」きついリゾートバイトの実態と理想的な回避方法

投稿日:

天国と地獄

リゾートバイトは「非日常的な体験」や「出会い」といった、キラキラしたイメージが強い一方、「きつい」といった実体験も溢れていることを忘れてはならないでしょう。

一般的なアルバイトと違って、住み込みで働くリゾートバイトの「きつい」は、単に仕事内容や人間関係が辛いだけではありません。

寮環境の酷さや、住み込みであるが故に「逃げられない」と感じる精神的な辛さも挙げられます。

リゾートバイトを含め「派遣」という身分は、世の中では雑に扱われる傾向にあると言えます。

一般的なアルバイトの派遣を経験したことある方なら、すぐ怒鳴る現場監督や話の通じない理不尽な人間に出くわした経験があるでしょう。

ただ、リゾートバイトの場合、「信頼できる派遣会社」にて「待遇内容をしっかり確認した上で仕事を探せば、きつい環境の仕事は簡単に避けられます

仕事なので決して楽だとは言えませんが、少なからず後々振り返った時に「楽しかった」「またやりたい」と言える思えるリゾートバイトには巡り会えます。

そのため、これからリゾートバイトを始めようと検討している人には、派遣会社選びと待遇内容の確認だけは怠ってほしくありません

今回の記事では、実際に私が経験した「本当に」きついリゾートバイトの実態と、きついリゾートバイトを避けて「まともな」仕事に就く方法を解説していきます。

本当にやばかった「きつい」仲居のリゾートバイト

ぐったりと疲れている女性

私がこれまで経験したリゾートバイトの中で最もきつかったのは、とある温泉旅館での仲居でした。

そもそも、仲居という仕事は礼節指導が厳しいことはある程度承知していましたが、まさかここまで理不尽な先輩仲居がいて、肉体労働の連続で、労働時間が長いとは思いもしませんでした。

おまけに、寮には隙間風は入るわムカデは出るわで散々。

肉体的疲労

まず、労働時間が非常に長いです。
出勤が朝6時、退勤が20時。

途中で4時間の中抜けがあったのですが、そのでも1日10時間の労働時間です。

中抜け中は、中抜け後も仕事が続くと思うと、落ち着いて熟睡なんてできませんでした。

浅い眠りと中抜け後の仕事への不安ばかり…

更に仲居は肉体労働の連続です。

布団の上げ下げ、配膳、大浴場の清掃。
少ない人数で大きな旅館全体を走り回って作業するものだから、冬でも汗だくです。

旅館の客室と布団

旅館の布団は意外と重いです。先輩仲居が軽々しく持ち上げているものだから、真似して持ち上げたら腰を痛めました。

配膳も、大きな宴会場と調理場(距離が50m以上ある。その上、廊下が狭くてすれ違うのが大変)を、料理を持って何度も行き来するものだから大変。イライラもします。

会席料理レストランの廊下

そんなこんなで、最初の1週間は慣れない肉体労働だからか二の腕と太ももが筋肉痛になり、歯がゆさを感じました。

「でも、仕事の後は無料でゆったりと温泉に入れるんでしょう?」と、思った方もいるでしょう。

しかし、仕事後は疲れ果てて温泉に入る気力なんてありません。

確かに何度か温泉に入ったことはありますが、温泉に入るよりも、部屋でくつろぐ時間や睡眠時間の方が惜しいです。

なので、仕事後はサクッとシャワーを浴びて寝るだけです。

精神的疲労

仕事内容よりもきつかったのが、人間関係による精神的疲労。

仲居という職業には、仲居一筋ウン十年という、筋金入りのベテラン先輩仲居もいます。

こうした先輩仲居の中には「どうせすぐ辞めるんでしょ?」と思っているからでしょうか、仕事の教え方が雑な人もいます。

教えてもらってないことに対して、「そんなことも分からないの?」と平気で言ってくる人も多くはないですが、いました。

例えば、お客様をお見送りする時に、お客様が見えなくなるまでお辞儀をするのが当たり前ですが、私はその当たり前を知りませんでした。

まだお客様が見える段階でお辞儀をやめた途端、先輩仲居から「見えなくなるまでお辞儀するのが常識だよね?本当に社会人?」と言われる始末。

こういった仕事の内容が明確にマニュアル化されていない職種では、教えられていないことでも「知ってて当たり前」と見なされることがしばしばあります。

仕事のミスで怒られたり注意されることは構いません。

ただ、「派遣」という弱い立場ゆえに、強い口調で指導してくる人がいたのがきつかったです。

もちろん、こうした人はほんの一部で、大多数の人が優しかったです。

しかし、強い口調で高圧的に当たってくる人と毎日一緒に仕事をすると、何をやるにも顔色を伺ったりビクビクするのが自然でしょう。

最悪の寮環境に対応してくれない派遣会社

私が事前に確認しなかった甘さもありますが、住み込み寮があまりにも老朽しすぎていたのもキツかったです。

窓は半分しか開かない、隙間風は入る、たまにはムカデなどの小さい虫が出る…

キツい仕事を終えて唯一心が休まる時間が寮でのプライベート時間といういうもの。

しかし、その時間すらストレスが溜まりました。

派遣会社に、あまりにも寮が酷いのでどうにか変えられないか相談しましたが、とりあってくれず。

「たった3ヶ月でしょ?頑張らないと!」と言われ、丸め込まれました。

当時利用していた派遣会社は「とにかく派遣先に人員さえ送り込めばいい」という対応をしていたように思えます。

きついリゾバを回避する理想的な方法

線路の上を走って逃げている女性

ここまでキツい環境でのリゾートバイトを経験した私ですが、実はその後、現在に至るまで7年以上リゾートバイトを続けられています。

その理由は、冒頭でも述べたように「キツくない仕事」を選ぶ術を覚えたからです。

「キツくない仕事」、要はまともな仕事を得るために必要なこと。ハッキリと言えるのは

リゾートバイトは派遣会社の質によって仕事環境の良し悪しが変わるということ。

私が以前利用していたような、「派遣先に人員さえ送り込めばいい。あとは知らん」といった自社の利益しか考えていないは派遣会社を利用すると、間違いなく私のような辛い思いをするでしょう。

そこで、以下では「本当に信頼できる優良派遣会社」に加えて、「派遣会社で仕事を探す時に確認すべき待遇や職場の雰囲気」についても詳しく解説します。

本当に信頼できる優良派遣会社

リゾートバイトの派遣会社4社

私の7年以上のリゾートバイト経験と、リゾバ仲間からの口コミ評判をもとに、以下4社を信頼できる優良派遣会社と認めています。

上記4社はリゾートバイト業界における、所謂大手。スタッフ数が最も多く、求人数もリゾバ業界のTOP4です。

携帯電話会社に例えると「DoCoMo」「au」「ソフトバンク」のような存在です。

以下は、大手4社の求人内容やサポート体制における違いと特徴を記載した記事。

リゾートバイトおすすめ派遣会社6社のアイキャッチ画像
リゾートバイトのおすすめ派遣会社。人気の5社をランキング形式で紹介【良い所も悪い所も記載】

リゾートバイトを始める場合は、リゾート地での住み込みバイト案件を多く扱う専門の派遣会社を利用するのが一般的です。 ただ、一言に派遣会社を利用すると言っても、派遣会社の種類は千差万別。 可能な限り自分の ...

こうした大手リゾートバイト派遣会社は、マイナー会社でよく分からない会社と違って、個人情報を預ける分にも十分安心できます。

4社に共通している優良な点は、まず地元⇔就労先までの往復交通費が支給されること。

加えて、派遣会社登録後につく「担当」と呼ばれる、就業から期間満了までのサポートをしてくれる人が常に仕事中のケアを行ってくれます。

例えば、私のように万が一寮環境が汚い仕事場に当たっても、就労先に取り合って寮部屋を変更してくれます。

なにより、担当は事前に職場の雰囲気を包み隠さず教えてくれたり、可能であれば寮の写真を見せてくれることもあります。

就労先で働いている人の年齢層、男女比、「実際のところ辞めていく人は多いのか」「職場に嫌な人はいないか」

こうした情報をしっかり持っている上で、私達スタッフが質問したら気兼ねなく答えてくれるのが大手の良さと言えます。

特にリゾートバイト.comは給料面においても素晴らしい

各派遣会社には異なる特徴(求人内容やサポート面において)が存在します。

例えば、リゾバ.comなら1週間前後の短期案件が多かったり、東京23区内でのリゾバもあるなど。

アルファリゾートなら温泉旅館求人に特化している、はたらくどっとこむならバックパッカーや留学目的で資金を貯めたい人へのサポートが強いなど。

 

ただ、特にこだわりがなければ、個人的にはリゾートバイト.comが最もおすすめ。

以下はリゾートバイト.comの特徴と、評判口コミをまとめた記事です。

リゾートバイト.comのTOPページ
【評判・口コミ】リゾートバイト.com(グッドマンサービス)は業界No.1の高時給派遣会社

リゾートバイト.comは、リゾート地でのバイト案件を扱い人材の斡旋を行う株式会社グッドマンサービスが運営する派遣事業です。 リゾートバイト.comが他社と大きな差別化を図っている点は、私達リゾートバイ ...

リゾートバイト.com最大の特徴は、時給の高さが業界No.1という点。これは、自社スタッフの利益を削ってでも派遣社員に還元するよう努めているからです。

また、時給が高いのは派遣会社そのものに交渉力と営業力があるからこそ。

求人数も多く、マイナーなキャンプ場でのリゾバ屋久島でのリゾバ求人なども出ることがあり豊富です。

求人を探す際に確認しておきたい待遇面や職場の雰囲気

信頼できる派遣会社と言えど、就労先の数は膨大にあるため、担当が就労先全ての情報を人間関係も含め1から100まで把握していることはありません。

ただ、こちらから質問さえすれば、各地域のエリア担当などに問い合わせた上でできる限り状況を確認してくれます。

何をもって仕事を「キツい」と感じるかは人それぞれですが、私の体験同様に、多くの人が

  • 肉体的
  • 人間関係を含めた精神的辛さ
  • 寮の環境

の3点が良ければ、仕事が充実するケースが多いでしょう。

そのため、担当には希望求人において、以下の3点を必ず確認しておきたいです。

仕事内容

肉体労働が嫌な人は、ハッキリと肉体労働が嫌であることを伝える。その上でどのくらい肉体労働が多いかを聞こう。

また、意外と見落としがちですが、中抜けの有無も確認しておくべきと言えるでしょう。

中抜けが嫌いな人は多いはず。

人間関係など

「辞めていく人が多くないか?」「現場スタッフの年齢層」「男女比」「リゾバ派遣スタッフの数」を聞けば、ある程度職場にいる人間の雰囲気は掴めます。

特にリゾバ派遣スタッフが多い職場は自身も働きやすくなるでしょう。同じ境遇の人間にはお互い親近感がわくもの。

辞めてく人が多い現場や自身と明らかに年齢層が異なる現場は要注意。

寮の環境

寮環境については、個室寮相部屋寮かで雰囲気はガラリと変わりますが、まずはできる限り寮の写真を見せてもらうこと。

寮の写真については用意できるている就労先とできていない就労先が存在しますが、写真を見せてもらえればある程度の雰囲気は掴めます。

上記で紹介した4社の派遣会社であれば汚い寮を用意している心配はありませんが、念のためどんな建物なのか(例えばアパート型なのか、民家を改築したような感じなのか)なども聞いておくと良いでしょう。

仮に、「店の地下に寮が併設されている」なんて場所があれば、それだけで「恐らく窓がなくて換気が悪い」「ジメジメしている」などの想像がつきます。

個室寮を求める方は部屋の広さも聞いておくのがベター。バルコニーの有無も確認できれば、寮での生活を具体的にイメージできるようになるでしょう。

まとめ

空に向かって両手を広げている男性

繰り返しとはなりますが、リゾートバイトのキツいキツくないと言った良し悪しは、派遣会社で全てが決まると言っても過言ではありません。

余程評判が悪い就労先は派遣会社が契約を切ることもありますが、質の悪い派遣会社であれば利益だけを重視して人員を無理に送りこもうとします。

上記で紹介したリゾートバイト派遣会社であれば、就労中も担当へ相談できることが多い上に、そもそも人員を無理に送り込むなどといったブラックな行為は行いません。

私のようなキツい体験をした人もいれば、リゾートバイトで楽しい体験しかしていない人も事実。

是非、みなさんも楽しい体験を積めるよう、この記事で述べたことを参考にリゾートバイトを始めて頂ければと思います。

リゾートバイト派遣会社。大手5社の特徴

サポート

リゾート地での住み込みバイト探しは、自力で行うよりも専門の派遣会社を通す方が効率的です。

派遣会社を通すメリットは、就労先とのコンタクトがより円滑になるだけではありません。

就労先スタッフ達の年齢層や男女比、仕事内容の詳細を教えてもらえるので理想の勤務地が見つかりやすいです。

派遣会社によっては、留学やワーキングホリデー、上京や正社員雇用支援などリゾートバイト後の第2第3のキャリアサポートも行ってくれます。

現在、リゾートバイト業界で大手と呼ばれ最も信頼を集めているのが以下の5社です。

各社とも異なる特徴・得意分野を持ち合わせているので、理想のリゾバライフが実現できそうな派遣会社を選びましょう。

派遣会社は複数社での登録が可能です。

【業界No.1の高時給】リゾートバイト.com

リゾートバイト.comは、リゾートバイト派遣会社の中で最も時給が高い会社です。

通常、リゾートバイトの平均時給は1,000円ですが、リゾートバイト.comは時給1,100円以上の高額案件を多数揃えています。

中には時給1,250円や1,300円の超高額バイトもあります。

貯金や稼ぐことを何よりも優先したい人におすすめの派遣会社です。

【温泉地や保養地の求人に強い】アルファリゾート

アルファリゾートは温泉地や保養地の求人に特化したリゾートバイト派遣会社です。

温泉地においては、全国の求人を温泉の効能や効果から探せるようになっています。

毎日無料で温泉に入れる求人が多いため、温泉地での仕事に興味がある人は利用する価値がある派遣会社です。

時給1,100円以上の求人も多いので、給与面においても理想とする求人が見つかります。

【留学やワーホリへの支援が手厚い】はたらくどっとこむ

はたらくどっとこむは、リゾートバイトで留学やワーキングホリデー、バックパッカー旅行の資金を貯める目的を持った人へのサポートが手厚い派遣会社です。

スタッフが実際に上記のような海外経験を積んでいる方ばかりなので、費用や渡航国について詳しく情報提供をはじめとしたサポートをしてくれます。

また、海外の語学学校やワーキングホリデー先と提携を結んでいて、大手エージェントよりも安い費用で斡旋してくれるのも魅力。

リゾートバイト後に海外へ出ることを目的としている人におすすめの派遣会社です。

【友達同士での応募歓迎や短期の求人が多い】リゾバ.com

リゾバ.comは、友達同士での応募歓迎の仕事や1週間〜1ヶ月程度の短期案件が多い派遣会社です。

通常、友達同士での応募歓迎や短期の案件は普通の案件より数が少ないので、探そうとすると妥協が生じてしまいがちです。

しかし、リゾバ.comでは友達同士歓迎の案件が常時500件以上、短期案件は常時150件以上掲載されています。

長期休み中に友達同士でリゾートバイを始めてみたい大学生などに便利な派遣会社です。

【アルバイト初心者におすすめ】ハッシャダイリゾート

ハッシャダイリゾートは、アルバイト自体が未経験の人リゾートバイトに「楽しさ」を重視している人におすすめの派遣会社です。

ハッシャダイの特徴は、私たちアルバイトの要望を全て聞いた上で(ヒアリングがある)担当者が最適な求人を探し、スケジュール計画まで全て立ててくれる点。

待遇やスケジュールに納得がいかなければ何度でも計画を立て直してくれます。

また、担当者は就業中もマメにLINEでフォローしてくれます。心強い派遣会社です。

アルバイトが初めてで右も左もよく分からない、という人はハッシャダイリゾートを利用するのがおすすめ。

-ブラック