【初心者〜上級者まで】英語力を120%活かせるリゾートバイト地域と職種について詳しく解説

投稿日:

人力車に乗っている外国人観光客

リゾートバイトで英語力を上げたいと考えている人は、以下2種類のどちらかに当てはまるでしょう。

  • リゾートバイト後に留学やワーホリを視野に入れている(これから英語力を向上させたい)
  • 英語学習が長い人、あるいは留学やワーホリ経験者(英語力を維持させたい。日常で英語を使う場面が少ない)

どちらに属する場合でも、リゾートバイトで英語を使うために重要なことは

  • 外国人(特に英語圏の)が多い観光地で働くこと
  • 英語を使う機会が多い職種に就くこと

の2つです。上記はリゾートバイトを通して英語力を上げる・維持するために必要な条件と言えます。

今回の記事では、リゾートバイトで英語を使い、英語力の向上あるいは維持を目標としている人に向けて

  • 英語圏外国人観光客の多い観光地
  • 英語を使う機会が多い職種
  • 英語力を活かせるリゾートバイト求人の探し方
  • 留学やワーホリを最短で実現するためのリゾートバイト活用方法

を詳しく記載していきます。

日本では2020年にオリンピックを控えているにも関わらず、観光地に英語を話せるスタッフが全く足りていないのが現状です。

加えて、少子化が加速する日本では、外国人向けの観光産業が今後ますます貴重な収入源となってくるでしょう。

そのため、「英語を話したい」「英語に対する意欲がある」人は重宝されています。

日本にいても英語が必須となる時代は目の前まで来ています。英語力を向上・維持させるという目標は非常に有意義です。

英語を使うリゾートバイトにおいて最低限必要な英語力

DO YOU SPEAK ENGLISH

通訳案内士(求人は少ないですが)を除けば、完璧な英語力は求められません。

外国人観光客とは対面での接客が中心となるので、最悪身振り手振りと単語のつなぎ合わせでも案内は可能だからです。

とは言え、さすがに"This is a pen"くらいしか分からないというレベルでは、いくら意欲があっても厳しいのが正直なところ。

具体的にどのくらいの英語力があれば英語を活かせるかと言うと、TOEICの点数で例えるならば300点〜400点くらいあれば、リゾートバイトで英語を使えます。

TOEIC300点〜400点という数字は、多少の個人差はありますが「相手にゆっくり話してもらえば、断片的にでも理解できるレベル。

自分から話かける分には、綺麗な文法は使えなくとも単語のつなぎ合わせと身振り手振りでなんとか意思表示はできる」

と言った具合でしょう。

最低でもこのくらいの英語力があれば、英語を使うリゾートバイトで働くことは可能です。

ただ、リゾートバイト中も接客英語系のテキストを持参して、休日や休憩中も自主的に英語勉強に取り組む姿勢を持っておかなければ、中々英語力の向上を実感できないでしょう。

面接に英語テストはない

「英語を話せる人大歓迎」と書かれている求人であっても、応募後に英語のテストは行われません。

そのため、仮に「英語をどのくらい話せますか?」と担当者に聞かれても、背伸びした返答はしない方が好ましいです。

ありのままの英語力を答えるべきと言えます。

受かった後で「全然話せないじゃないですか」と言われてしまっては、自分自身も就労先も困るからです。

例外として通訳案内士の募集では資格の有無を問われます。

英語圏の外国人観光客が多い地域

アメ横を歩く外国人観光客

訪日外国人観光客数は年々上昇していますが、もちろん英語圏以外の国から来る観光客もいます。

英語圏以外の観光客であっても、基本的に接客時は英語でコミュニケーションを取りますが、せっかくなら英語圏の観光客と接した方が自信もつくでしょう。

英語力を維持したい人なら、なおさら英語圏の観光客を相手にする方が好ましいです。

では、どんな都市に英語圏観光客が多いのか。

国土交通省が提供している訪日外国人消費動向調査のデータと日本政府観光局が提供する訪日外国人に関する統計データ、それから私自身がリゾートバイトで働いてきた経験を基に述べていきます。

英語圏観光客が多い地域は東京、京都、大阪が3強

アメリカやヨーロッパ圏から入国する人の殆どが羽田か成田に到着することもあり、東京は断トツで英語圏からの観光客が多いです。

ただ、残念なことに東京では、わざわざリゾートバイトとして人員募集をしなくてもいくらでもアルバイトが集まるため、リゾートバイト求人そのものが少ないのが現状。

そこで、英語圏の観光客を相手にしたいのであれば、まずおすすめするのが京都と大阪です。

どちらも世界的に有名な都市なので英語圏以外の観光客も多いですが、その他の地方都市で働くよりも確実に英語を使う機会は増えます。

その他の地方都市なら広島、北海道、神奈川、沖縄

東京、大阪、京都の三大都市を除いて圧倒的に英語圏からの観光客が多いのが

  • 広島
  • 北海道
  • 神奈川
  • 沖縄

の4都市。

広島

まず、広島は世界遺産に登録され日本三景の一つである宮島の存在が理由として挙げられます。

加えて、広島は「ヒロシマ」として知られているように原爆被害の歴史もあります。

アメリカ人の中には広島平和記念資料館への訪問を目的に訪日する人も多く、広島市内で見かける外国人の殆どは白人です。

ニセコ

次に北海道。北海道の中でもニセコは特にオーストラリア人とニュージーランド人が多いです。

「ワールド・スキーアワード」等の世界的な賞にノミネートしたことにより知名度が上がった上に、オーストラリアやニュージーランドは一部を除いて一年中暖かい地域が多いため。

ニセコは「ここは外国か?」と思うほど英語の看板も多く、オーストラリアとニュージーランドから来た観光客と接する機会は特に多いです。

秋の箱根はアメリカ人だらけ

神奈川では特に箱根に英語圏の観光客が多いです。

箱根は東京から1時間30分でアクセスできる比較的近い温泉地であることに加え、アメリカ人好みなインスタ映えスポットが多数存在します。

特にアメリカ人が増える時期は9月から11月。紅葉と富士山ビューを合わせた景色を楽しみ、所謂オーセンティック(Authentic)な風情に誘われるアメリカ人が多いです。

9月から11月にかけては、京都よりもアメリカ人観光客が増えるので、英語を使いたい人にはおすすめ。

>>>アメリカ人が秋に目指す日本の観光地No.1は箱根!増加を続ける箱根町の外国人観光客、宿泊者数は前年比122%の46万人*1!

実際、箱根には英語を活用できるリゾートバイト求人が多いです。

英語を活用できる箱根のリゾートバイト求人

沖縄

南側では圧倒的に沖縄がおすすめです。

これは米軍基地関係の商用客や親族・友人が多いことに加え、外国人観光客誘致に向けた空港インフラの整備に力を入れていることが挙げられます。

ただ、「日本らしさ」を求める外国人観光客からの満足度は決して高くなく、歴史観光の認知度も低いことから、上記3都市ほど英語圏観光客は多くありません。

とは言え、南側では圧倒的に英語圏旅行者が多い都市であることに変わりないので、南側に住んでいる方は沖縄で働くのを検討するのも大いにありです。

英語力を活かせる沖縄リゾートバイトの求人

(沖縄も英語を使える求人が多い)

英語を使う機会が多い職種

ホテルのレセプション

最もおすすめなのはホテルフロント

英語を話せる職種の絶対条件は「接客業」ですが、接客業の中でも最もおすすめなのがホテルフロントです。

なぜなら、ホテルフロントは能動的にならなくても強制的に英語を使わなければいけない場面に多々遭遇するからです。

というのは、例えば他の接客業だと「レストランホール」や「配膳」などが挙げられますが、こうした職種はお客様と話す機会が少ないです。

積極的にこちらから話題を振っていかなければ、英語を使う機会を中々作ることができません。

受け身の状態では「業務で使う単語」くらいしか覚えない場合もあります。

しかし、ホテルフロントであれば受け身であっても次々と宿泊客に質問されます。

例えば周辺の観光地情報、客室内設備の使い方、時には支払いに関するトラブルが発生することすらあります。

こうした時、決まりきった定型文英語だけではなく、自分の頭で考えて英語を話すことになります。

英語を学習する上で一番大事なのは、この「自分の頭で考えること」です。

英語力に自信のない人であれば不安に感じるでしょうが、先輩リゾートバイターや社員の方もいるので心配いりません。

英語学習が長い人や留学・ワーホリ経験のある人ならば、1聞かれたら2や3くらいの返答をしたり、気の利いた事も言えるでしょう。

こうした場面に遭遇する機会が多いため、ホテルフロントはリゾートバイトで英語を使いたい人にとって最もおすすめの職種です。

アメリカ人が滞在するのは旅館よりもホテルが多い

日本に来るアメリカ人なら日本文化に興味があるので旅館に滞在する人が多いと考えられますが、実際は逆です。

ホテルの方がアメリカ人観光客と接する機会は多いです。

訪日ラボによれば、米国人観光客が選ぶ宿泊先の割合としては約80%が洋室中心のホテル旅館に宿泊する人はわずか12%とのデータが出ています。

これは、文化的に馴染めるか不安な旅館に宿泊するよりも、慣れ親しんだホテルの方が落ち着けるからだと考えられています。

このことから、やはりホテルフロントとして働くのが最も英語を使う機会に恵まれると言えるでしょう。

通訳案内士の仕事は求人が少ない

ホテルフロントよりも英語を使う機会が多い仕事が「通訳案内士」です。

ただ、通訳案内士の求人は非常に数が少ないため、探そうと思っても見つからないことの方が多いのが現状です。

そのため、リゾートバイトで通訳案内士に就こうとは考えない方が良いでしょう。見つかったらラッキーくらいに考えておく方が良いです。

リゾートバイトで丁寧な接客英語を使えるようになれた!

ENGLISH

実は私が英語を使えるリゾートバイトを始めた時、恥ずかしながら私は中学1年で習うレベルの英語を少々使える程度でした。

なので最初こそ外国人を接客する時はとてつもなく緊張して、中々話しかけられませんでした。

しかし、一度勇気を振り絞って出来る限り英語で接客してみると、学べることは多々あることに気づきました。

例えば「何にしましょうか?」と言いたい時。当初の私は"What do you want ?"と聞いていました。

これは結構ぶっきらぼうな表現ですよね。「何にすんだ!」と捉えられる可能性もあります。

もちろん私が英語を使いこなせないことは向こうも知っているので、特別何か言われるわけではありません。しかし反応はそこまで良くないです。

そして英語で「"What would you like ?"と聞いた方が丁寧だよ」(的な)ことを言われました。

それからは外国人に"What would you like ?"と聞くようにしました。すると反応が良い(相手も笑顔になる)ことに気づきました。

 

また、"Enjoy your stay"など、先輩が言っているのを真似して言ってみたり。すると、やはり反応が良いです。

こうして「生の英語」に触れながら英語を理解していくのは自宅での勉強では絶対にできません。

発音に関しても「こう言えば通じた」「こういう言い方だと通じなかった」というのを何度も何度も試せました。

今ではある程度の日常会話ならそつなくこなせますが、リゾートバイト中に生の英語に触れて「英語を話す勇気」と「発音方法」、そして「丁寧な言葉遣い」を身につけられたからこそです。

英語を使えるリゾートバイト求人を探す方法

WELCOME

上述した内容を参考にリゾートバイト求人を探すことをおすすめしますが、加えて求人先が「英語力を活かせる」あるいは「英語話者歓迎」と謳っていることも重要です。

リゾートバイトを始めるにはリゾート地での住み込みバイト案件を専門的に扱う派遣会社を一般的ですが、派遣会社は複数存在していて各会社によって特徴が異なります。

英語を活かせるリゾートバイトを探す場合は、英語を話せる人を歓迎している求人を多く扱っているリゾートバイト派遣会社から探してみるのが一番の近道です。

リゾートバイト業界の中でも最も「英語関係」に強い派遣会社が、【はたらくどっとこむ/アプリリゾート】です。

>>>はたらくどっとこむの語学活用できるリゾートバイト求人一覧

はたらくどっとこむは、以下で詳しく述べる「語学留学・ワーホリの斡旋」も行っていることから、英語関係に最も精通しています。

また、はたらくどっとこむにも留学・ワーホリ経験スタッフが多いため、「英語圏観光客が多い地域」「職種」を上で述べてきたこと以上に詳しく教えてくれるのもポイント。

派遣会社登録後に付く担当の方と相談の上、英語を使える就労先を紹介してもらえます。

更には、同じ派遣社員の中にも英語力の向上・維持を目標としている人が多いため、仲良くなったスタッフ同士でアドバイスし合えるのも大きなメリットです。

リゾートバイトで英語を話したい人であれば、はたらくどっとこむで求人を探してみると良いでしょう。

加えて、リゾートバイトで貯金して留学やワーホリを視野に入れている人であれば、後述するはたらくどっとこむの留学・ワーホリ斡旋サービスも合わせて利用する価値があります。

はたらくどっとこむの口コミ評判については、以下の記事も参考にどうぞ。

はたらくどっとこむのロゴマーク
【評判・口コミ】はたらくどっとこむ(アプリ)は留学やバックパッカーを考えている人向けの派遣会社

「はたらくどっとこむ」は、株式会社アプリが運営するリゾート地専門の人材派遣事業です。 2017年で設立から15周年。 リゾートバイト派遣会社の中では比較的新しい会社ですが、スタッフの会員数は既に12万 ...

留学やワーホリを最短で実現するためのリゾートバイト活用方法

ゼロから留学

上述したはたらくどっとこむですが、留学やワーホリのサポートが熱いです。

リゾートバイト x 留学・海外進出をコンセプトにしているだけあって、留学を検討している人の悩みを解決するサービスがいくつも存在します。

ざっくりとサービス内容を紹介すると

  1. リゾートバイトの給料から月々◯◯万円、決めた額を留学費用として管理してくれる
  2. 上で述べた通り、英語を話せるリゾートバイト現場を紹介してくれる
  3. 無料でDMMのオンライン英会話を受講させてくれる
  4. リゾートバイトで資金が貯まったら、通常の斡旋会社よりも安い値段で語学学校への斡旋をしてくれる
  5. 留学に関するカウンセリング(希望地、期間、必要資金など)を無料で行ってくれる

留学希望者が見落としがちなのが、いざ留学をしようにも学校選びや渡航先での生活環境のリサーチが面倒だという点。

こうしたリサーチは通常自分自身で行わなくてはならないため、資金を貯めることと同時に時間と労力を使って調べる必要があります。

しかし、はたらくどっとこむであれば、上記の通り留学に必要なこと全てをはたらくどっとこむ側で面倒見てくれます。

つまり、極端な話、自分自身はリゾートバイトでお金を貯めることだけを考えておけば、殆ど解決してしまうというわけです。

更にDMMのオンライン英会話を無料で行えるサービスは本当に強いです。

リゾートバイト x 留学をコンセプトにしている派遣会社ならではの強みと言えるでしょう。

また、ワーキングホリデーやバックパッカー旅行についても無料でカウンセリングを行っているので、少しでも疑問がある方や悩みを解決したい方は、遠慮なく相談してみましょう。

>>>はたらくどっとこむの留学・ワーキングホリデーサポート【Global Dive】

リゾートバイトで英語を使う。お金も稼げて一石二鳥

ENGLISH

私自身、留学費用を貯めるためにリゾートバイトをした経験があります。

その時はルスツで3ヶ月ホテルフロントを経験しました。

自分では「結構英語を話せる」と自負していたのですが、実際に働くと意外にも「これは何て言うのだろう?」と思うことや、会話が終わってから「あー、今のはこう言えば良かったんだ!」と思うことが多々あります。

また、仕事の緊張感と英語を話す緊張感が同時にくるため、普段は英語を話せる人でも中々言葉が出てこなかったりするものです。

こうしたことは実践を積まないと中々経験できません。

悔しい思いをしたからこそバネにして向上した面もありますし、時間が経つにつれ、自分の中で反応速度が早くなったり、考えずとも言葉が出てくるようになれたこともあります。

そして、一番嬉しかったのが、英語の壁に当たったり勉強して克服したりを繰り返す内に、気がついたら留学資金が貯まっていた点。

「英語に夢中になれた」からこそ、働くことにやりがいを感じられ、仕事自体の辛さは全く感じませんでした。

「明日はこういう言い回しをしてみよう」「次のためにこれを勉強しよう」とポジティブな毎日を過ごしていました。

リゾートバイトと英語の相性は抜群です。

是非、英語に関心がある方は、お金を貯めて英語を学んで一石二鳥なリゾートバイト生活を送ってみて下さい。

リゾートバイト派遣会社。大手5社の特徴

サポート

リゾート地での住み込みバイト探しは、自力で行うよりも専門の派遣会社を通す方が効率的です。

派遣会社を通すメリットは、就労先とのコンタクトがより円滑になるだけではありません。

就労先スタッフ達の年齢層や男女比、仕事内容の詳細を教えてもらえるので理想の勤務地が見つかりやすいです。

派遣会社によっては、留学やワーキングホリデー、上京や正社員雇用支援などリゾートバイト後の第2第3のキャリアサポートも行ってくれます。

現在、リゾートバイト業界で大手と呼ばれ最も信頼を集めているのが以下の5社です。

各社とも異なる特徴・得意分野を持ち合わせているので、理想のリゾバライフが実現できそうな派遣会社を選びましょう。

派遣会社は複数社での登録が可能です。

【業界No.1の高時給】リゾートバイト.com

リゾートバイト.comは、リゾートバイト派遣会社の中で最も時給が高い会社です。

通常、リゾートバイトの平均時給は1,000円ですが、リゾートバイト.comは時給1,100円以上の高額案件を多数揃えています。

中には時給1,250円や1,300円の超高額バイトもあります。

貯金や稼ぐことを何よりも優先したい人におすすめの派遣会社です。

【温泉地や保養地の求人に強い】アルファリゾート

アルファリゾートは温泉地や保養地の求人に特化したリゾートバイト派遣会社です。

温泉地においては、全国の求人を温泉の効能や効果から探せるようになっています。

毎日無料で温泉に入れる求人が多いため、温泉地での仕事に興味がある人は利用する価値がある派遣会社です。

時給1,100円以上の求人も多いので、給与面においても理想とする求人が見つかります。

【留学やワーホリへの支援が手厚い】はたらくどっとこむ

はたらくどっとこむは、リゾートバイトで留学やワーキングホリデー、バックパッカー旅行の資金を貯める目的を持った人へのサポートが手厚い派遣会社です。

スタッフが実際に上記のような海外経験を積んでいる方ばかりなので、費用や渡航国について詳しく情報提供をはじめとしたサポートをしてくれます。

また、海外の語学学校やワーキングホリデー先と提携を結んでいて、大手エージェントよりも安い費用で斡旋してくれるのも魅力。

リゾートバイト後に海外へ出ることを目的としている人におすすめの派遣会社です。

【友達同士での応募歓迎や短期の求人が多い】リゾバ.com

リゾバ.comは、友達同士での応募歓迎の仕事や1週間〜1ヶ月程度の短期案件が多い派遣会社です。

通常、友達同士での応募歓迎や短期の案件は普通の案件より数が少ないので、探そうとすると妥協が生じてしまいがちです。

しかし、リゾバ.comでは友達同士歓迎の案件が常時500件以上、短期案件は常時150件以上掲載されています。

長期休み中に友達同士でリゾートバイを始めてみたい大学生などに便利な派遣会社です。

【アルバイト初心者におすすめ】ハッシャダイリゾート

ハッシャダイリゾートは、アルバイト自体が未経験の人リゾートバイトに「楽しさ」を重視している人におすすめの派遣会社です。

ハッシャダイの特徴は、私たちアルバイトの要望を全て聞いた上で(ヒアリングがある)担当者が最適な求人を探し、スケジュール計画まで全て立ててくれる点。

待遇やスケジュールに納得がいかなければ何度でも計画を立て直してくれます。

また、担当者は就業中もマメにLINEでフォローしてくれます。心強い派遣会社です。

アルバイトが初めてで右も左もよく分からない、という人はハッシャダイリゾートを利用するのがおすすめ。

-英語・外国語