ルスツでのリゾートバイトはこんな感じ!仕事内容や寮環境まで詳しく解説

投稿日:

ルスツリゾートの従業員

rusutsu.jp

ルスツとは、北海道の虻田郡留寿都村(あぶたぐん るすつむら)に位置する北海道最大のリゾート施設「ルスツリゾート」を指します。

ルスツリゾートとは、東京ドーム約178個分(約820万平方メートル)の広大な敷地の中に、スキー場、遊園地、プール、温泉、キャンプ場、大型ホテル、ゴルフ場等の施設が凝縮された滞在型リゾート施設です。

一般に北海道と言えば冬の定番観光地というイメージが強いですが、ルスツリゾートは「春・夏はキャンプや遊園地」「秋・冬は温泉にスキー」という様にオールシーズンリゾートとして稼働しています。

北海道ではニセコトマムをはじめ、こうした「北海道 = 冬に訪れる場所」というイメージを払拭した施設は珍しくありません。

ルスツは、こうした北海道におけるオールシーズンリゾートの中でも、最大級の規模を誇るリゾート施設です。

 

ルスツは、北海道が持つ魅力の全てを集約したリゾート施設と言っても過言ではありません。

ホテルの可能宿泊客数は最高4,000名、毎年集まるリゾートバイターの数は200名に上ります。リゾート施設というよりは"町"をイメージした方が早いでしょう。

ルスツの街並み

今回の記事では、ルスツでのリゾートバイトに魅力を感じている人に向けて

  • ルスツにおけるリゾートバイトについて(仕事内容や寮環境など)
  • 休日の過ごし方
  • ルスツリゾバ求人の効率的な探し方

について詳しく述べていきます。

上述した通り、ルスツはオールシーズンリゾートであるため、季節によって求人内容に偏りはあるものの、求人自体は一年中出ています。

実際にどんな求人があるのかは、以下のルスツ求人が多いリゾートバイト派遣会社より確認できます。

>>>ルスツ求人が多いリゾートバイト派遣会社【リゾバ.com】

リゾバ.comのルスツリゾートバイト特集

ルスツにおけるリゾートバイト

ザ ウェスティン ルスツ リゾートの外観

(ウェスティン ルスツ リゾート。ルスツを代表する大型ホテル)

仕事内容は季節によって大きく異なる

ルスツはオールシーズンリゾートであるため、季節によって求人の内容に偏りがあります。

例えば、春・夏はテーマパークやプール監視員キャンプ場スタッフといったアクティビティ求人が多いですが、こうした求人は秋・冬に差し掛かると一斉に姿を消します。

一方、秋・冬における求人のメインはスキー場関連の仕事です。

ただし、宿泊施設やレストランなどの日常的に見かける仕事は、一年を通して満遍なく募集されています。

例えば裏方業務ホテルフロント、またレストランホールといった、街バイトでも通年募集されている職種は、ルスツにおいても通年募集がかかっているということです。

 

当然、募集がかかっているのは、その時その時で人員が必要なポジションのみであるため、ポジションによって仕事量が少ない・多いは存在しません

いかなるポジションであろうとも、リゾートバイターを必要とするのは観光客数が増えることを見込んでのこと。

そのため、それなりに仕事量は多いと心構えしておいた方が、ギャップを感じずに済みます。

仕事を選ぶ上で考えておきたいのは、「楽そうかどうか」という点よりも、自分に合いそうかどうかに着目した方が満足度の高いリゾートバイト生活を送れるでしょう。

増加する外国人観光客への対応に向け「英語力を活かせる求人」も増えてきた

ルスツでは近年増加する訪日外国人観光客の需要への対応に向け、世界203ヶ国で取引を行っているネット決済のグローバルスタンダート「ペイパル」を導入しています。

日本政府観光局によれば、こうしたグローバルスタンダートの導入により、ルスツの外国人観光客数は対前年比150%を超えているとのこと。

ルスツにおける外国人観光客の主要国は、オーストラリア(約15万人)、台湾(14万人)、韓国(12万人)の三ヶ国です。

こうした環境下に備えて、ルスツリゾバでは「語学力(主に英語)が学べる・活かせる求人」も少なくありません。

語学力が身につく・活かせる求人

語学力があれば、給料的な利点はありませんが、優遇して採用されやすいというメリットがあります。

ルスツに訪れる観光客の中で最も多いのはオーストラリア人です。

オーストラリアの公用語は英語なので、ホテルフロントやスキー場インフォメーションでは当然英語を使っての接客をする機会が多々あります。

リゾートバイトがてら英語力を鍛えたい・学びたい人にとっては良い経験となるでしょう。

英語力が全くない人でも、英語を話せないからという理由で採用を見送られることはないので、興味のある仕事にはどんどん応募してみると良いです。

ルスツリゾバにおける寮環境

ルスツリゾートバイトの寮

ルスツにはリゾートバイターやグループ従業員数を含めると、合計で5,000名もの従業員が在籍しています。

そのため、社員寮の数が多いです。私達リゾートバイターが住み込む社員寮は、各職場近辺に建てられています。

用意されている寮は、職種によって個室寮なのか相部屋寮なのか異なります。

体感的にはスキー関係やキャンプ関係といった、季節によって募集がかかるアクティビティ系求人には相部屋寮が多いように感じます

アクティビティ系の仕事はシーズンオフ時には従業員が必要ないため、場所を取らないよう最初から相部屋寮が多いのでしょう。

一方、ホテル関係やレストラン関係などの通年募集をかけている職種は、一年中必要であるためか個室寮が多く、且つ一年中人が出入りしているので手入れもよくされているように感じます。

ルスツリゾバの寮

ただ、だからと言ってアクティビティ系求人の寮が汚かったり、セキュリティー不足ということは決してありません。

アクティビティ系求人の中にも個室寮を完備している場合もありますし、あくまで通年募集されている求人の方が比較的個室寮の数が多く手入れされている、それだけのことです。

いずれの寮も豪華ではないものの、人が住むにあたってストレスを感じる環境ではないので、あまり深く考える必要はないかと思います。

ルスツリゾバにおける休日の過ごし方

ルスツの川下りイベント

リゾートバイトにおけるルスツリゾートバイトの休日で最も多いのは、自分の職種に関わるアクティビティを無料で楽しむという過ごし方です。

求人によって有無は異なりますが、職種によって以下のような特典がついていることがあります。

  • スキー場関係 = リフト券が無料配布され、ウエアを社員割引で借りられる
  • テーマパーク関係 = 無料でフリーパスをもらえる
  • 宿泊系やレストラン系 = 無料で温泉入力できる

リゾートバイト中は、多くの人が出来るだけ支出を減らしてお金を貯めることを目的としているでしょう。

そのため、こうした特典はお金を使わず休日を満喫するのに丁度良いです。

ただし、上記のような特典はあくまで求人によって有無が異なります。

客入りや予算によって左右される部分なので、「去年は無料で温泉に入れたのに今年は入れない」ということは珍しくありません。

そのため、大きな期待は持たない方が良いでしょう。あくまで"おまけ"です。

ルスツリゾバのメリット

(各求人には上画像のようにメリットが記載されている)

バスに乗って1時間30分。札幌観光も楽しめる

札幌の街並み

ルスツリゾート⇄札幌間はシャトルバスが行き来しているため、休日は札幌観光が可能です。

札幌と言えばグルメの中心地。

スープカレーやラーメン、ジンギスカンなどのご当地グルメを楽しむのもリゾートバイトならではの過ごし方です。

また、他のスタッフと仲良くなったら一緒に飲みに行くこともできます。

リゾバ中にあまりお金を使いたくないかとは思いますが、一度くらいは札幌に足を運んでみるのも思い出としては悪くないかと思います。

また、勤務先の社員の方々も「札幌のどこどこは面白いよ」など情報をくれたりするので、是非休日は足を運んでみましょう。

ルスツリゾバ求人の効率的な探し方

ルスツのリゾートバイト求人を探すのであれば、以下のルスツリゾバ求人が多いリゾートバイト派遣会社を利用するのがおすすめです。

>>>ルスツ求人が多いリゾートバイト派遣会社【リゾバ.com】

リゾバ.comのルスツ求人特集

上記派遣会社は、リゾートバイト派遣会社の中で最もルスツの求人が多いです。

求人によっては寮環境の写真を事前に見せてくれます。

また、ルスツでの休日の過ごし方などは、ルスツで働く社員よりも知っていて「お金を使わずに楽しく休日を過ごす方法」など教えてもらえるので、満足度の高いリゾートバイト生活を送れるでしょう。

「英語を活かせる仕事がいい」「通しシフトの仕事がいい」など、条件をつけて求人を探してくれるので、効率的に求人を探せます。

是非、ルスツリゾバに興味がある人は、派遣会社を上手に活用して思い出に残るリゾートバイト生活を送ってみてはいかがでしょうか。

リゾートバイト派遣会社。大手5社の特徴

サポート

リゾート地での住み込みバイト探しは、自力で行うよりも専門の派遣会社を通す方が効率的です。

派遣会社を通すメリットは、就労先とのコンタクトがより円滑になるだけではありません。

就労先スタッフ達の年齢層や男女比、仕事内容の詳細を教えてもらえるので理想の勤務地が見つかりやすいです。

派遣会社によっては、留学やワーキングホリデー、上京や正社員雇用支援などリゾートバイト後の第2第3のキャリアサポートも行ってくれます。

現在、リゾートバイト業界で大手と呼ばれ最も信頼を集めているのが以下の5社です。

各社とも異なる特徴・得意分野を持ち合わせているので、理想のリゾバライフが実現できそうな派遣会社を選びましょう。

派遣会社は複数社での登録が可能です。

【業界No.1の高時給】リゾートバイト.com

リゾートバイト.comは、リゾートバイト派遣会社の中で最も時給が高い会社です。

通常、リゾートバイトの平均時給は1,000円ですが、リゾートバイト.comは時給1,100円以上の高額案件を多数揃えています。

中には時給1,250円や1,300円の超高額バイトもあります。

貯金や稼ぐことを何よりも優先したい人におすすめの派遣会社です。

【温泉地や保養地の求人に強い】アルファリゾート

アルファリゾートは温泉地や保養地の求人に特化したリゾートバイト派遣会社です。

温泉地においては、全国の求人を温泉の効能や効果から探せるようになっています。

毎日無料で温泉に入れる求人が多いため、温泉地での仕事に興味がある人は利用する価値がある派遣会社です。

時給1,100円以上の求人も多いので、給与面においても理想とする求人が見つかります。

【留学やワーホリへの支援が手厚い】はたらくどっとこむ

はたらくどっとこむは、リゾートバイトで留学やワーキングホリデー、バックパッカー旅行の資金を貯める目的を持った人へのサポートが手厚い派遣会社です。

スタッフが実際に上記のような海外経験を積んでいる方ばかりなので、費用や渡航国について詳しく情報提供をはじめとしたサポートをしてくれます。

また、海外の語学学校やワーキングホリデー先と提携を結んでいて、大手エージェントよりも安い費用で斡旋してくれるのも魅力。

リゾートバイト後に海外へ出ることを目的としている人におすすめの派遣会社です。

【友達同士での応募歓迎や短期の求人が多い】リゾバ.com

リゾバ.comは、友達同士での応募歓迎の仕事や1週間〜1ヶ月程度の短期案件が多い派遣会社です。

通常、友達同士での応募歓迎や短期の案件は普通の案件より数が少ないので、探そうとすると妥協が生じてしまいがちです。

しかし、リゾバ.comでは友達同士歓迎の案件が常時500件以上、短期案件は常時150件以上掲載されています。

長期休み中に友達同士でリゾートバイを始めてみたい大学生などに便利な派遣会社です。

【アルバイト初心者におすすめ】ハッシャダイリゾート

ハッシャダイリゾートは、アルバイト自体が未経験の人リゾートバイトに「楽しさ」を重視している人におすすめの派遣会社です。

ハッシャダイの特徴は、私たちアルバイトの要望を全て聞いた上で(ヒアリングがある)担当者が最適な求人を探し、スケジュール計画まで全て立ててくれる点。

待遇やスケジュールに納得がいかなければ何度でも計画を立て直してくれます。

また、担当者は就業中もマメにLINEでフォローしてくれます。心強い派遣会社です。

アルバイトが初めてで右も左もよく分からない、という人はハッシャダイリゾートを利用するのがおすすめ。

-北海道でのリゾートバイト