調理補助のリゾートバイトってどんな仕事?きつい?体験してきたのでレポート。

リゾートバイトの調理補助アイキャッチ画像

リゾートバイトの調理補助とは、ホテルや旅館の厨房にて、調理を行う人がスムーズに料理できるようサポートする仕事です。

よく調理スタッフと混合して記載されることがありますが、調理補助はあくまで補助です。

包丁作業や味付け、加熱といった調理は行いません

具体的に、調理補助は以下のような仕事を行います。

  • 盛り付け
  • 食材の計量
  • じゃがいもの皮むき等の簡単な作業
  • 食材の補充(冷蔵・冷凍庫からの出し入れ)
  • 冷蔵室の整理整頓
  • 洗い物の手伝い(手が空いたら)

調理補助の仕事は、料理の経験が全くない人でも可能な仕事です。

簡単に言えば、難しいことは考えずひたすらに計量してお皿に盛り付けてを繰り返すだけです。リゾートバイトの中では比較的簡単な仕事と言えます。

実際、筆者は料理経験がなく、どちらかと言えば不器用ですが問題なくこなせました。

今回の記事では、調理補助の仕事に興味を持っている人に向けて

  • 調理補助の仕事内容
  • 1日のスケジュール
  • 調理補助で働くメリット・デメリット
  • 調理補助の給料・時給
  • どんな人が働いているのか

について詳しく紹介します。

調理補助の仕事内容

厨房

(調理補助の仕事場。厨房はこんな感じ)

調理補助の仕事は至ってシンプル。基本的には、調理人が作った料理を計量しながら、何百とある皿に順番に盛り付けていくだけです。

盛り付け

調理補助が盛り付けをしている様子

毎朝、その日のメニューが写真付きで掲示されるので、写真を見て料理を盛ります。

例えば、筆者が働いていた場所で言えば

  • シチュー【一皿おたまで1.5杯】
  • からあげ【小皿一枚に2個】
  • 焼き物を鉄板に並べていく
  • デザートを適量一皿一皿盛り付けていく

などです。

盛り付けと聞くと、三つ星レストランで出される料理のような豪華な盛り付けをイメージする人もいるかもしれません。

しかし、リゾートバイトで行う盛り付けは基本的にビュッフェ用なので簡単です。

決まりがあったのは『お椀や鉢などの深みのある器に盛る時は、山の形に盛る』『刺身などの大人数の料理を盛る場合は、平面的に並べて平盛りにする』という2点くらいです。

なので作業自体はかなり簡単です。教えられた瞬間できるようなことばかりでした。

ただ、量はかなりあります。リゾートバイトでは基本的に大型のホテルや旅館で働くことが多いので、3〜4時間くらいは連続でひたすらに盛り付けをこなしていきます

じゃがいもの皮むき等の簡単な作業

じゃがいもの皮むき

盛り付けの他には、じゃがいもの皮を剥く作業も兼任します。

じゃがいもの皮むきも至って簡単。じゃがいもの芽の部分と、緑色に変色した皮の部分をしっかり取り除くだけです。

ピーラーと呼ばれる専用の皮むき器を使うので、包丁は一切使いません(たまに変色した皮の部分が分厚い時だけ包丁で少し厚めに切る時がある)。

筆者が働いた時は、5人中4人のアルバイトが(筆者含め)まともに包丁すら握ったことない未経験者でしたが、1日で皮を剥けるようになりました

食材の補充(冷蔵庫からの出し入れ)

調理補助の仕事で割と大変だったのが、食材の補充です。

食材を大型の冷蔵庫から出し入れするわけですが、例えば筆者が働いていたような大型リゾートホテルになると業務用の肉5kgパックを何十袋と出します。

また、冷凍庫から10kgの業務用明太子が入った段ボール箱を取り出したりもします。

これが調理補助で唯一の力仕事。

とは言え、5kgや10kg程度の物なのでそこまで重くはありません。ただ、何十袋、何箱と運ぶので、少々疲れるかなと言った程度。

確かに大変な作業ではありますが、盛り付けやじゃがいもの皮むきばかりだと、それはそれで飽きます。

途中途中でこうした冷蔵庫への食材ストックの出し入れがアクセントになるので飽きずに仕事にのぞめるのが良い点です。

手が空いたら洗い物の手伝い

暇な時は、洗い場にいって業務用の大きなボールなどを洗います。

業務用のボールなども大型リゾートや旅館になると、かなりの数を洗うので一仕事です。

調理補助の1日のスケジュール

調理補助の仕事は、仕事先によって中抜けありの場合と通しシフトに分かれます

朝食ビュッフェとディナーのみで人員を必要としている場所は中抜けシフト、ランチも人員を営業している場所は通しシフトになります。

筆者は中抜けシフトと通しシフトどちらも働いたことがあるので、筆者が実際に働いたスケジュール例を載せておきます。

中抜けシフトの場合

  • 7:00〜11:00まで
  • 中抜け(4時間)
  • 15:00〜19:00まで

7:00〜9:40くらいまでは、ひたすらにお皿への盛り付け。

その後は30分くらいじゃがいもの皮むきを行い、余った時間は冷蔵庫の整理や食材の補充、洗い物を手伝うというルーティンでした。

15:00〜19:00までの後半スケジュールもほぼ同じです。

15:00〜17:40くらいまではディナーに向けてお皿への盛り付け。

残りの時間は冷蔵庫の整理や食材ストックの補充、洗い物の手伝いです。

通しシフトの場合

9:00〜18:00の間で実働8時間。

9:00〜11:00まではランチタイムの食事に向けて、お皿への盛り付け。

12:00〜14:00までが食材の出し入れや冷蔵庫の整理、洗い場の手伝い。

14:00〜15:00までが休憩。

15:00〜18:00までがディナーに向けて、お皿への盛り付けやじゃがいもの皮剥き。

時間が余ったら再び冷蔵庫の食材ストックを整理して1日が終わるという流れでした。

通しシフトの方が小刻みで色々な仕事を行うので、中抜けシフトよりは飽きにくいです。

調理補助で働くメリット・デメリット

デメリット

個人的に感じた調理補助のデメリットは、仕事に飽きやすいという点。

なぜなら、調理補助は清掃スタッフなどとは異なり、ホテル内を右往左往と動くわけではなく基本的には厨房に閉じこもって作業します。

景色が変わらないんですよね。悪い言い方をすると、毎日同じ場所で同じ作業の繰り返しです。

そのため、バイト慣れしていない人だと1ヶ月くらいで飽きがくるでしょうと言った印象です。

なので、調理補助経験がない人、リゾートバイトが初めての人が応募するのであれば、3ヶ月などの長期勤務求人への応募は控えておいた方が良いでしょう。

まずは1ヶ月程度の短期求人への応募を強くおすすめします。

実際に1ヶ月ほど働いてみて自身に合う仕事だと判断できたら2ヶ月や3ヶ月の長期求人へ応募すると良いです。

メリット

調理補助の仕事で楽な部分は、接客ではないので気疲れしないという点です。

また、立ち回り方が分かってきたら、自然と仲間内で冗談を言い合って仕事にのぞめる余裕が生まれてきます。

料理長も気を効かせてくれて「これ、すごく美味しいから食べてみて」と言って美味しい料理を一口食べさせてくれたりと、和気藹々と働けるのが楽しい所です。

(あとは、「調理補助あるある」ですが、美味しそうな料理をつまみ食いすることもよくあります…笑)

もちろん、同僚や料理長に迷惑をかけないよう機転をきかせて動くことが重要ですが、重苦しくない雰囲気の中で働けるので、大変だと感じる時もありますが基本は楽しい仕事です。

調理補助の給料・稼げる額

リゾートバイト調理補助の求人

リゾートバイト調理補助の求人待遇欄

給料の額は働く地域にもよりますが、沖縄や北海道といった比較的時給が低い地域を除けば、調理補助の平均時給は1,000〜1,200円です

以下は、実際に筆者が働いた時の稼げた1ヶ月の給料の内訳です。

生活費や社会保険等を引くと、合計で1ヶ月16万円の貯金ができました

  • 勤務時間 / 7:00〜11:00・中抜け・15:00〜19:00(実働8時間のシフト制)
  • 休日休暇 / 月8日
  • 時給1,200円(時間外1,500円)
  • 待遇 / 寮費・水光熱費無料、食費無料(1日2食まかない有)
  • 基本給 / 220,800円 = 1日9,600円 × 出勤23日
  • 時間外(残業)12,000円(時間外1,500円 × 8時間)/ 土日は毎日1時間の残業があった
  • 額面は232,800円 = 基本給220,800円 + 残業代12,000円
  • 社会保険が約33,000円
  • 貯金できた額は約16万円 = 額面232,800円 - 社会保険約33,000円 - 生活費約4万円

残業もあったおかげか、16万円もの貯金ができたので大満足です。

仕事は少々飽きがきやすいですが、これだけ稼げるのであれば悪くない仕事です。

調理補助はどんな人が働いているの?

調理補助の仕事は、ホテルフロントや仲居等と違い地味な仕事であることから、20代後半〜30代の人が集まりやすいです。

筆者が働いていた調理補助の職場では、まず和・洋それぞれの料理長(40代と50代)がいて、料理長を中心に調理係が10人(全員30代)、そして筆者を含めた調理補助が10人(内大学生が3人、残りは20代後半〜30代)でした。

どちらかと言うと、大学生や20代前半よりも20代後半〜30代の人の方が集まりやすい傾向にあります。

客室清掃中の30代リゾートアルバイター
30代が多いリゾートバイトを紹介!リゾバは若い子だけじゃない。30代でも浮かない仕事。

リゾートバイトを始めようと思っている30代は、主に年齢についての懸念を抱いている方が多いのではないでしょうか。 リゾバは大学生などの若い人が多いイメージ 同年代が少ないのでは?浮いてしまわないか? 筆 ...

男女比は丁度半々と言ったところです。

もちろん、地域や時期によって違いはありますが、調理補助のような一般的な街のアルバイトでも募集している仕事は、大学生や20代前半の若い人は非日常感が薄いことから応募を避ける傾向にあります。

そのため、20代後半〜30代くらいの人にとっては同年代が多く親しみやすい仕事と言えます。

調理補助求人を探す際の注意点

調理補助求人の中には、調理補助のみではなく「調理・調理補助」と記載された求人もあります。

こうした求人では、この記事で解説した仕事以外に「調理の仕事(包丁作業や加熱など)」も兼任する可能性があります(ただし、そのぶん時給が1,500円など高い傾向にある)。

調理経験がない人、未経験の人にとってはハードルが高い仕事となるので、必ずリゾートバイトの派遣会社に「調理補助のみの仕事なのか」「調理の仕事も含まれるのか?」を確認して応募しましょう

調理補助は飽きやすいがきつくない簡単な仕事

調理補助は少々飽きやすいですが、決してきつくはない楽しい仕事です。

特に盛り付けや計量は慣れてくると一皿数秒でさばけるようになり、精神的な余裕が生まれます。

基本的に作業全般が簡単なので、きついと感じることは少なかったです。

接客しないので精神的な疲れを感じないのも良かった点です。

興味がある人は是非調理補助の仕事に応募してみましょう。

 

その他、リゾートバイトの全職種の仕事内容については、以下の記事も参考にどうぞ。

>>>リゾートバイトの仕事内容。全13職種の特徴をまとめた「まるわかり図鑑」

リゾートバイトのおすすめ派遣会社

リゾートバイト派遣会社のサポート

リゾート地での住み込みバイト探しは、自力で行うよりも専門の派遣会社を通す方が効率的です。

派遣会社を通すメリットは、就労先とのコンタクトがより円滑になるだけではありません。

就労先スタッフ達の年齢層や男女比、仕事内容の詳細を教えてもらえるので理想の勤務地が見つかりやすいです。

派遣会社によっては、留学やワーキングホリデー、上京や正社員雇用支援などリゾートバイト後の第2第3のキャリアサポートも行ってくれます。

現在、リゾートバイト業界で大手と呼ばれ最も信頼を集めているのが以下の5社です。

各社とも異なる特徴・得意分野を持ち合わせているので、理想のリゾバライフが実現できそうな派遣会社を選びましょう。

派遣会社は複数社での登録が可能です。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大により、リゾートバイトの求人数が全国的に減少しています。
また、当面の間、新規の面接・採用を見送っている派遣会社も存在します。現時点では、下記で紹介している5社のうちリゾートバイト.comアルファリゾートのみが、いまなお多くの求人を掲載しています。
今、リゾートバイト求人を探すのであれば、上記2社いずれかに登録するのがおすすめです。

【業界No.1の高時給】リゾートバイト.com

リゾートバイト.comは、リゾートバイト派遣会社の中で最も時給が高い会社です。

通常、リゾートバイトの平均時給は1,000円ですが、リゾートバイト.comは時給1,100円以上の高額案件を多数揃えています。

中には時給1,250円や1,300円の超高額バイトもあります。

貯金や稼ぐことを何よりも優先したい人におすすめの派遣会社です。

【温泉地や保養地の求人に強い】アルファリゾート

アルファリゾートは温泉地や保養地の求人に特化したリゾートバイト派遣会社です。

温泉地においては、全国の求人を温泉の効能や効果から探せるようになっています。

毎日無料で温泉に入れる求人が多いため、温泉地での仕事に興味がある人は利用する価値がある派遣会社です。

時給1,100円以上の求人も多いので、給与面においても理想とする求人が見つかります。

【留学やワーホリへの支援が手厚い】リゾートバイトダイブ

はたらくどっとこむのバナー

リゾートバイトダイブ(旧はたらくどっとこむ)は、リゾートバイトで留学やワーキングホリデー、バックパッカー旅行の資金を貯める目的を持った人へのサポートが手厚い派遣会社です。

スタッフが実際に上記のような海外経験を積んでいる方ばかりなので、費用や渡航国について詳しく情報提供をはじめとしたサポートをしてくれます。

また、海外の語学学校やワーキングホリデー先と提携を結んでいて、大手エージェントよりも安い費用で斡旋してくれるのも魅力。

リゾートバイト後に海外へ出ることを目的としている人におすすめの派遣会社です。

【友達同士での応募歓迎や短期の求人が多い】リゾバ.com

リゾバ.comは、友達同士での応募歓迎の仕事や1週間〜1ヶ月程度の短期案件が多い派遣会社です。

通常、友達同士での応募歓迎や短期の案件は普通の案件より数が少ないので、探そうとすると妥協が生じてしまいがちです。

しかし、リゾバ.comでは友達同士歓迎の案件が常時500件以上、短期案件は常時150件以上掲載されています。

長期休み中に友達同士でリゾートバイを始めてみたい大学生などに便利な派遣会社です。

【アルバイト初心者におすすめ】トラバイ

トラバイのバナー

トラバイは、アルバイト自体が未経験の人リゾートバイトに「楽しさ」を重視している人におすすめの派遣会社です。

トラバイの特徴は、私たちアルバイトの要望を全て聞いた上で(ヒアリングがある)担当者が最適な求人を探し、スケジュール計画まで全て立ててくれる点。

待遇やスケジュールに納得がいかなければ何度でも計画を立て直してくれます。

また、担当者は就業中もマメにLINEでフォローしてくれます。心強い派遣会社です。

アルバイトが初めてで右も左もよく分からない、という人はトラバイを利用するのがおすすめ。

人気の記事

リゾートバイトおすすめ派遣会社5社のTOPページ 1

リゾートバイトを始めるには、リゾート地専門で住み込みバイトを斡旋している派遣会社への登録が必要です。 派遣会社に登録することによって、各社が掲載している全国のリゾバ求人への応募が可能になり、派遣会社か ...

リゾートバイトで働く女子大学生 2

リゾートバイトとは、南は沖縄から北は北海道まで、全国の観光地や行楽地にて住み込みで働く派遣アルバイトです。 ひと昔前まで住み込みバイトと言えば、蛸部屋たこべやのような場所できつい仕事を課せられるイメー ...

1週間 3

通常、リゾートバイトの雇用期間は、1ヶ月〜3ヶ月程度を基本としています。 しかし、数は多くないですが、1週間程度のリゾートバイト求人を探すことも可能です。 1週間のリゾートバイトは雇用期間こそ短いです ...

-職種・仕事内容

© 2017 リゾートバイトのRI-LIFE