リゾートバイトの実態

抱き合う男女

やけくそで行ったリゾートバイトは最高に楽しい思い出になった

「リゾートバイトって楽しい?つまらない?」という質問をよく貰います。 きっと興味はあるけれども「つまらないなら止めておこうかな…」という考えがあるのでしょう。 実際、楽しいか楽しくないかは、個人の性格や能力にもよるので一概には言えないというのが本当のところなのですが、私としては 深く考えずに始めてみる ことを強くおすすめします。 私自身、始めてリゾートバイトに行った時は不安しかありませんでした。 就労先の社員や先輩が話のわからない人だったらどうしよう、仕事がめちゃくちゃきつかったらどうしよう…などと出発当 ...

岩の上に立っている女性

旅をしながら現実的にお金を稼ぐ3つの方法。バックパッカーや旅人が仕事になる!?

「旅をしながらお金を稼ぐ」 バックパッカーや旅の経験がある人ならば、誰もが一度は憧れたライフスタイルではないでしょうか。 行きたい場所へ行きたい時に行く。その行為がお金になる。絵に描いたような自由な生き方です。 そしてインターネット上には「旅をしながらお金を稼ぐ仕組み」を謳う情報商材や方法が溢れています。 ただ、これら商材や方法の多くは、一般の個人が成功するには多大なる影響力や潜在能力を身につける必要があると言えます。 私自身、恥ずかしながらこうした情報商材や方法を購入したり試した経験があります。 大抵の ...

一人がけソファーで本を読んでいる女性

コミュ障が無傷でリゾートバイトから帰ってくるには「職種」と「寮環境」に最大限の注意を払うべし!

リゾートバイトは、一般的なアルバイトと違い住み込みで働く上に「寮費・水道光熱費・食費無料」であるため、支出を最大限に抑えることができます。 短期でより多くのお金を稼ぐためには、うってつけの働き方と言えるでしょう。 ただ、一方で「出会い目的」で始める人も多いことから分かるように、一般的なアルバイトよりもコミュニケーションを要する機会が多いのは想像に難しくありません。   リゾートバイトの職種の中には、接客はもちろんのことアルバイト同士でのチームワークが必要な職種があり、場合によっては同僚と相部屋で ...

天国と地獄

「本当に」きついリゾートバイトの実態と理想的な回避方法

リゾートバイトは「非日常的な体験」や「出会い」といった、キラキラしたイメージが強い一方、「きつい」といった実体験も溢れていることを忘れてはならないでしょう。 一般的なアルバイトと違って、住み込みで働くリゾートバイトの「きつい」は、単に仕事内容や人間関係が辛いだけではありません。 寮環境の酷さや、住み込みであるが故に「逃げられない」と感じる精神的な辛さも挙げられます。 リゾートバイトを含め「派遣」という身分は、世の中では雑に扱われる傾向にあると言えます。 一般的なアルバイトの派遣を経験したことある方なら、す ...

生きがい

リゾートバイトで自分探しを成功させたい人に知ってほしい「自分の探し方」

自分探しにおいて最も重要なこと。 それは、今いる居場所(環境)を変えることに尽きると言えるでしょう。 環境を変えることで、人は頭を冷やして刷り込まれた固定観念を払拭できます。 あえて学んできたこと捨てることにより、自分の感情に耳を傾けて自己を探求できるようになるのです。   自分探しと言えば「旅」のイメージが強いかと思いますが、リゾートバイトでも自分探しは十分可能です。 なぜなら、リゾートバイトも「これまで自分が知らなかった土地」で「知らなかった人々」を相手に仕事をしながら生活をするという、価値 ...

家出中の女性

リゾートバイトを利用して家出したい人への完全マニュアル

リゾートバイトを利用して家出を計画する際、大前提として理解しておくべき事に、以下の3点が挙げられます。 リゾートバイトは"派遣社員"という立場であるため、いつ仕事がなくなるか分からない そのため、本格的な独立を考えるのであれば、リゾートバイトで資金を貯めた後、部屋を借りるなりすることまで考えておく 事件性のある失踪者(特異行方不明者)として捜索願を出されると、周囲に多大な迷惑をかける可能性がある 上記3点を理解した上であれば、長期的ではないとは言え、リゾートバイトを利用しての家出は十分に可能です。 実際、 ...

寝転んでいるニート

ニートがリゾートバイトに挑戦するにあたって地獄を見ないための対策

日本には所謂ニートと呼ばれる「収入を伴う仕事をしていない、及び通学や家事をしていない15歳〜34歳」の人口が56万人ほど存在します。 ニートになった人の原因は個々によって様々ですが、多くの場合「他人への関心が薄い」「劣等感を抱えている」「親が嫌い」「世間との折り合いがつかない」など、人間関係の中で発生したケースが大半でしょう。 そのため、ニートである人の多くは、労働作業自体に不安はないがそこでの人間関係に不安を抱えている人が多いかと思います。 ニートが現状を打破するために、リゾートバイトを機に家を出るのは ...

喜んでいる男性

リゾートバイトをやって良かったことは「お金」と「経験」に尽きる。悪かったことは「その後の倦怠感」

リゾートバイトをやって良かったと思うことは「貯金(お金)が貯まる・稼げる」という点と「経験を得られる」という2点につきるでしょう。 上記2点はリゾートバイト最大の魅力であり、リゾートバイトが普通のアルバイトと大きく異なる点でもあります。   リゾートバイトは寮生活(寮費・食費無料)です。加えて周辺環境に娯楽が少ないため、無駄にお金を使うことなく目標の貯金額に到達できます。 また、普段は旅行客としてしか滞在できないリゾート地(あるいは温泉地・離島など)で一住民・労働者として過ごすことは特別な経験で ...

天使の梯子

リゾートバイトの体験談。20代・30代・40代の男女が見た光と闇

リゾートバイトを経験した人の中には「良かった」と思える人がいる一方、「最悪だった」と感じた人もいます。 恐らく、リゾートバイトの体験談に興味がある人は、どちらかと言えば「最悪だった」というケースの話を聞きたい人の方が多いでしょう。   「リゾートバイトが楽しかった」という話はリゾートバイトの求人広告を見ればいくらでも載っています。 しかし、「最悪だった」という話は実際に経験した個人からしか詳しく聞くことはできません。 最悪だと感じた人の体験談を事前に聞いておけば、「なぜ・どうして最悪だったのか」 ...

部屋の隅に座っているフリーター

不安を抱えるフリーターがリゾートバイトで気づく新しい価値観と将来

フリーターは正社員みたく会社に縛られず、仕事への責任が重くないため、気楽に感じられる部分が多いです。 しかし一方で、一度立ち止まって将来のことを考えた時、「このままでいいのか」「何か自分に変化が欲しい」という思いが強くなることが多々あるでしょう。 特に20代も中盤に差し掛かった人なら、周囲にフリーターから抜け出す人が少しずつ増えてくることもあり、ますます現状打開を考える機会が多くなります。 ただ、数年フリーターを続けてきた人なら、よく考えずに正社員になるリスクも十分に承知でしょう。 正社員として働くことが ...

ビーチでリラックスしている子供

リゾートバイトのメリットとデメリット。知っておきたいデメリットの回避方法

リゾートバイトは、20代の人を中心に「リゾバ」と省略して呼ばれ親しまれています。 リゾートバイトの宣伝や体験談を見ると、どれもリア充の雰囲気を全面に出して楽しそうに描かれていますね。 そのため多くの人が、何となく「リゾバは楽しそうで雰囲気の良いアルバイト」というイメージを持っているでしょう。 確かに、リゾートバイトはリゾート地にて住み込みで働くという特殊な環境下でのアルバイトであるため、一般的な町バイトに比べるとメリットは多そうに感じられます。 しかし、労働であり遊びでない以上、こうした特殊な環境は、ある ...

やる気を出そうとしている女の子

リゾートバイトに向いている人(続けられる人)は具体的な目標を持っている人

リゾートバイトは向き・不向きがハッキリと分かれやすいです。 なぜなら、通常の街バイトとは異なり、住み込み寮という環境で一定期間を過ごす特殊性の高いアルバイトだからです。 向いていれば何の問題もありませんが、向いてないと感じた人は、契約期間が満了する前に途中で辞めることを考えたり、最悪脱走を企てる人もいるかもしれません。 「リゾートバイトを途中で辞める」の記事にて記載したように、リゾバを途中で辞めると交通費自腹などのデメリットが生じるので、出来れば最後までやり通したいところ。   では、どのような ...