民宿(ゲストハウス)でのリゾートバイトはアットホームでめちゃ楽しい!仕事内容の詳細から求人の探し方まで詳しく解説します

2018年03月12日

リゾートバイトで働いた民宿

民宿とは、浴設備や洗面設備、程度な数のトイレを設けた1泊5,000円前後の簡易宿所を指します。

「安宿」や「ゲストハウス」と呼ばれることもあり、宿泊料金がホテルや旅館よりも安い傾向にあるため、主にバックパッカーや節約旅行者が利用する施設です。

 

民宿と言えば、家族経営で5部屋程度の小規模宿泊施設をイメージする人が多いでしょう。

ただ、旅館業においては、施設規模の大小に関わらず「ホテル」と名乗るのも「旅館」と名乗のるのも「民宿」と名乗るのも自由とされています。

そのため、厳密には民宿の定義は存在しません。ただ、この記事では、小規模施設で家族経営の昔ながらの一般的なイメージの民宿に焦点を当てて記載しています。

(大きな特徴としては、施設名が「〇〇荘」だったり「◯◯ゲストハウス」となっていることが多い)

 

リゾートバイトにおける民宿は、主に沖縄や屋久島、三宅島、利尻島といった離島に多く求人が存在しています。

家族経営の施設が多く、まさにアットホームといった雰囲気の中働けるのが民宿の魅力です。

以下では、民宿でのリゾートバイトに興味がある人へ向けて

  • 民宿リゾートバイトの仕事内容
  • 寮環境の実際のところ
  • 民宿リゾートバイトの楽しさ
  • 求人の効率的な探し方

を述べています。

民宿は施設の規模が小さいため、仕事の範囲が明確に線引きされていなかったり、宿泊客との距離が近いため、大変な部分もありますがラフで楽しい部分が多いです。

求人数は多くありませんが、マイナーな職種であるため応募者の数も少ないです。希望とする職種に受かる確率は高いので、興味があれば応募してみましょう。

実際にどんな民宿求人が存在するのかは、以下のリゾートバイト派遣会社にて、『施設タイプで探す』の『ペンション & 民宿』から確認できます。

>>>時給が高いリゾートバイト派遣会社【リゾートバイト.com】

リゾートバイト.comの民宿求人

上記リゾートバイト派遣会社は、リゾートバイト業界の中で最も時給の設定額が高いです。

 

通常、民宿と言えば時給800円や900円が相場ですが、上記派遣会社であれば時給1,000円以上の求人も見つかります。

給与面においても納得できる待遇の求人を探せるでしょう。

民宿の仕事内容

民宿の客室

民宿での仕事内容の特徴として

  • 仕事の範囲が明確に線引きされていないため、業務全般と記載されていることが多い
  • 宿泊客との距離が近い(コミュニケーションを取る機会が多い)
  • バイト人数は多くても4人〜5人程度

の3点が挙げられます。

リゾートバイトにおける民宿の仕事内容は、主に以下の6点です。

  • 受付(チェックイン・チェックアウト)
  • 予約管理
  • 掃除
  • 調理補助
  • 洗濯 & 乾燥
  • 宿泊客の送迎

受付(チェックイン・チェックアウト)

リゾートバイトで働いたゲストハウスのチェックインカウンター

宿泊客がチェックインしたら部屋の鍵とシーツを渡し、部屋まで案内します。

一般的なホテルや旅館と違う点は、チェックインの時点で宿泊客とコミュニケーションを取る機会が多いという点。

 

民宿に泊まる人は場所にもよりますが日本人7:外国人3といった割合で、変わった人が多いです。

例えば自転車で日本を一周中の人、ヒッチハイクしている人、日本に初めて来たバックパッカー…

大型ホテルや旅館と違って宿泊客がなだれ込むように入るわけではなく、また民宿という建物は一軒家を改装したアットホームな雰囲気であるため、自然と宿泊客との会話が始まります。

「どこから来たのか?」「どこへ行くのか?」「この町に来るのは初めてか?」など。

 

もちろん、中には関わり合いを持ちたくなさそうな人もいるので、様子を見ながら交流を深めていきましょう。

民宿では、宿泊客と楽しく交流するのも仕事の一環と言えます。

ちなみに、英語を話せなくても問題ありません。

業務に必要な英語は大抵は定型文にしたメモを渡されます。

また、オーナー家族の誰かしらが英語での対応ができるため、民宿で働くのに英語力は必要としません。

予約管理

パソコンで宿泊者の予約管理をしているリゾートバイトスタッフ

予約管理は基本的にメールで確認を行います。稀に電話で予約が入ることもありますが、本当に稀です。

民宿では台帳と呼ばれる「宿泊利用者の氏名、連絡先、人数、到着時間予定」などを記入するノートがあるので、メールを見て台帳に情報を記入します。

台帳に情報を記入するのは、「どのような宿泊客が何時頃に来るのか」を管理・引き継ぎするためです。

そのため、自分が出勤の時は、台帳を見て「今日来る宿泊客の人数と予約した部屋」等を確認しておきます。

掃除

リゾートバイトスタッフが使う掃除用具

民宿では「部屋・リビング・玄関の掃除機がけ」「風呂掃除」「トイレ掃除」「ゴミ出し」を全て一人で行います(時間帯や日によってはオーナー家族の人と一緒にやる)。

一人、と聞くと「無理でしょ!」と思われるかもしれませんが、意外と楽勝です。

というのも、民宿の規模は客室5部屋程度。宿泊施設を掃除するというよりも、大きな自宅を掃除するような感覚です。

ホテルのように窓数が多かったり、色々と備品やオブジェがあるわけでもありません。

普通に家を掃除(と言っても丁寧を心がける)する感覚なので、私が働いていた民宿ではザックリとした掃除の仕方だけレクチャーされました。

 

ただ、不思議なことに民宿の方が大型ホテルや旅館よりも、自然と掃除に気合いが入ります。

民宿では宿泊客との距離が近いため、「喜ぶ顔が見たい」「快適に滞在してほしい」という気持ちが強くなります。

私は「安い民宿なのに、ここまでサービスできて凄いでしょ」と思われたくて、目に付きにくい窓のさんやテレビのリモコンまで綺麗に拭いていました。

実際、宿泊客がチェックアウトする際に、「今まで泊まった民宿で一番綺麗な部屋だった」と言われたのは良い思い出です。

ただ、掃除ばかりに時間をかけることはできないので、テキパキとやることを心がけます。

調理補助

調理補助の仕事は、就労先の民宿で朝食・夕食サービスがある場合のみ行います。

 

基本的には言葉の通り、オーナー家族(基本的にはお母さん)が宿泊者に料理を作るので、冷奴にネギを乗せたり、出来上がった料理を皿に盛り付けして宿泊客に配膳します。

まさに「THE・家庭料理」といったメニューが多いので、料理経験がある人なら簡単にこなせるでしょう。

 

個人的に楽しかったのが、宿泊客の方々から「ビール飲みなよ」と言われて渡されることがありました。

普通なら勤務中なので飲んではいけませんが、私が働いていた民宿では一杯だけ頂いたり、なんとオーナー家族のお母さんまで一杯貰っていました。

こうしたアットホームな空間は民宿ならでは。

洗濯 & 乾燥

布団の乾燥

清掃と同時進行でシーツやリネン類の洗濯と乾燥を行います。

通常、ホテルや旅館ではリネンサービスの会社を利用していますが、低価格が売りの民宿ではリネンサービス代を宿泊料金に上乗せしなくていいように、スタッフが洗濯と乾燥をします。

宿泊客の送迎

宿泊客の送迎車

ごくごく稀ですが、一度だけ宿泊予約客を空港まで迎えに行ったことがありました。

ただ、送迎の仕事は基本的にオーナー家族の方が行っているため、私たちリゾートバイトが行くことはありません。

そのため、免許の有無が採用不採用に関わることはまずないと考えて大丈夫です。

民宿リゾートバイトの寮は民宿内の一室になることが多い

民宿リゾートバイト中に過ごしていた寮

(民宿リゾートバイト中に過ごしていた寮部屋。一人用の和室だった)

働く民宿によって異なることもありますが、私の経験上、民宿リゾートバイトの寮は民宿内の1室になることが多いです。

広さとしては大体6畳前後の個室です。

決して広くはないですが、プライベートは確保されているので、睡眠をとる分には問題ありません。

待遇によりけりですが、大抵はエアコンやテレビといった最低限の家具家電設備は備えられています。

ただ、場所によってはキッチンや浴槽は宿泊客と共同だったりするため、人によっては休日なのに仕事気分になることもあるでしょう。

また、オーナー家族の人とは当然ながら毎日顔を合わせます。

このことから、民宿で働くということは、スタッフというよりオーナー家族の一員になるという心構えでのぞむと良いでしょう。

ちなみに、民宿のオーナーには50代以上の人が多いです。

幸いにも民宿を経営している方は、自分の持ち家を改装してい経営している方が多く、外部の人間を招き入れることに慣れている人が多いです。

そのため、早い段階で仲良くなれます。コミュニケーションを取りやすい人ばかりです。

仕事中もプライベートも過ごしやすいでしょう。

民宿リゾートバイトは全てにおいて臨機応変。そのラフさが楽しい

民宿での仕事は、普通のバイトと違って仕事の範囲が明確に線引きされていないことが多いです。

そのため、「手が空いたら出来ることをやる」というような仕事スタイルで毎日を過ごします。

オーナーさんから「◯◯〜(私の名前)、ごめんちょっと買い出し行ってきてくれない?」と言われて買い出しに行ったり、業務中でも暇になったらオーナー家族とテレビを見て茶菓子でも食べながらくつろいだり。

また、休日に宿泊客が庭でバーベキューを始めたので参加したこともあります。

こうした環境なので「働いている」という感覚が正直ありませんでした。そのため、楽しい毎日を過ごせてあっという間に就労期間を満了したのを覚えています。

民宿リゾートバイトの楽しさは、こうしたラフなところにあると言えるでしょう。

民宿リゾートバイト求人の効率的な探し方

先述したように、民宿リゾートバイトは求人数が少ないのが現状です。

ただ、応募者も少ないので受かりやすいですが、求人数が少ないだけに見送っていると募集が終了してしまう可能性もあります。

そのため、「これだ」と思える求人を見つけたら、早めに応募すると良いでしょう。

民宿リゾートバイト求人を探すのであれば、冒頭でも紹介したリゾートバイト.comがおすすめです。

>>>時給が高いリゾートバイト派遣会社【リゾートバイト.com】

『施設タイプで探す』の『ペンション & 民宿』より、民宿の求人を確認できます。

リゾートバイト.comの民宿求人

リゾートバイト.comは、生活費(寮費、食費、水道光熱費)が無料で、加えて時給が1,000円超えの求人が多いです。

「民宿で働く」という経験と「お金を稼ぐ」という本来の目的もしっかり果たせる派遣会社なので、色々と吟味しながら求人を探してみましょう。

人気の記事

2020年のおすすめリゾートバイト派遣会社5社 1

リゾートバイトを始める場合は、リゾート地での住み込みバイト案件を多く扱う専門の派遣会社を利用するのが一般的です。 ただ、派遣会社の種類は千差万別。   可能な限り自分の裁量で雇用期間を決めら ...

リゾートバイトのおすすめ職種アイキャッチ画像 2

リゾートバイトで募集している求人の多くは未経験者を歓迎しています。 そのため、職歴や社会人有無に関係なくリゾートバイトを始めることができます。 しかし、「未経験者歓迎」と書かれていても「経験がないと仕 ...

ブラックなリゾートバイトから帰りたがっているアルバイトスタッフ 3

「ブラック企業」「ブラックアルバイト」 現在、労働者に過酷な長時間労働を強いたり、残業代を出さない、パワハラを横行する企業の存在が社会問題化しているのは周知の事実かと思います。   ブラック ...

-職種・仕事内容

© 2017 リゾートバイトのRI-LIFE