リゾートバイトのナイトワークってどんな環境?仕事内容は?詳しく紹介するよ

投稿日:

水割り

リゾートバイトにおけるナイトワークとは、リゾート地のスナックやガールズバー、キャバクラにて1ヶ月〜3ヶ月前後、住み込みで働くアルバイトのことを指します。

勤務地は主に八丈島(はちじょうじま)、宮古島利尻島(りしりとう)などといった離島が中心です。

現在、こうした離島のスナック等では、外部(島外)から女の子を雇うことが主流となっています。

というのは、島内の女の子を雇っても、男性客の顔見知りであることが多いからです。女の子が顔見知りだと、男性はハッチャげて楽しめません。

そこで、本土の厳しい仕事や人間関係に疲れた女子大生やフリーターを、リゾートバイターとして誘致します。

女の子達は本土では感じることのできない癒しを得られ、男性客は本土から来た女の子と新鮮な時間を楽しめるのです。

 

以下は、リゾートバイトのナイトワーク求人例です。

リゾバ.comのナイトワーク求人
リゾバ.comのナイトワーク求人)

リゾートバイトのナイトワーク求人の平均時給は、1,500円〜2,000円前後

本土より決して高い給料とは言えませんが、個室寮環境があり、水道光熱費と賃料を負担しなくて済みます。

離島の環境を楽しみながら、短期でまとまったお金を稼ぐには好都合なバイトと言えるでしょう。

 

ただ、離島の場合、本土の大手チェーンとは異なり仕事の範囲がきちんと明文化されていません。

また、離島ならではの独特な人間関係に懸念を抱いている女性も多いかと思います。

そこで今回の記事では、リゾートバイトのナイトワークに興味がある人に向けて

  • ナイトワークの基本的な仕事内容
  • 寮環境・生活スペース
  • 人間関係
  • いくら稼げるのか
  • 求人を選ぶときのポイント

を詳しく述べていきます。

ナイトワークの基本的な仕事内容

ライターの火

リゾートバイトで募集をかけているナイトワークには、以下3種類が存在します。

  • ガールズバー
  • キャバクラ
  • スナック

上記3種類の仕事は、いずれも男性客相手にお酒を注いで会話を楽しむが仕事の主です。

厳密にはガールズバーは「接客(カウンターレディとも記載される)」、スナックとキャバクラは「接待(フロアレディとも記載される)」に分類されます。

両者の違いは、ガールズバーはカウンター越しに接客をするのに対し、フロアレディはソファ等で隣に座って接客する点です。

服装についてもガールズバーが私服勤務であるのに対し、スナックとキャバクラは店側が用意したドレスを着用します。

フラットなガールズバー、稼げるキャバクラ、アットホームなスナック

上記3種の細かい違いには

  • ガールズバー = 客との距離が近くないため、ナイトワーク未経験者でも始めやすい
  • キャバクラ = 給料以外のドリンクバックや同伴バックが付きやすく稼ぎやすい
  • スナック = カラオケもあり、お店が一体となって雰囲気を作るのでアットホーム

という点が挙げられます。

ガールズバー

ガールズバーは、キャバクラやスナックと比べ客との距離が近くないのが特徴です。

あくまでカウンター越しでの接客です。法律上も飲食店と解釈されているためバーテンダーとして、お酒を提供するのが仕事の主となります。

そのため、酔った客に触られたりする心配がありません。

また、働いている女の子の多くが10代後半〜20代前半のナイトワーク初経験であるため、未経験者でも始めやすいのが特徴と言えます。

料金が安いため若い客層も多く、疑似恋愛というよりフランクな会話を楽しむ場と言えるでしょう。

キャバクラ

お客さん一人に対し女の子が一人つき、お客さんと会話を楽しみながら、お酒を注いだり灰皿やおしぼりを交換したりタバコに火をつけます。

店によってはお客さんとの連絡先の交換が必須(ノルマ)となっている場合があるため、お客さんとの距離の置き方に気を使うかもしれません。

ただ、ドリンクバック(1杯200円)や本指名バック(500円〜1,500円)、また指名数や同伴数によって給料が上がるシステムが設けられているため、リゾートバイトにおけるナイトワークの中では最も稼ぎやすい職種です。

時給と合わせれば月30万前後は稼げるのが魅力的です。

スナック

「ママ」と呼ばれる店を切り盛りする司令塔を中心に、お客さん達とカラオケなどで楽しみます。

ガールズバーやキャバクラとの大きな違いは、個人個人がお客さんを盛り上げるわけではなく、店が一体となって場を盛り上げるという点です。

スナックの雰囲気は地域密着型でお客さん同士も知り合いであることが多いため、上記2つの仕事に比べるとアットホームな職場と言えます。

常連さんも多いので、比較的早く仕事に慣れるでしょう。

お酒が飲めなくても働けるのか?

お酒は飲めるに越したことはありませんが、たとえお酒に強くなくても働くことは可能です。

例えば、「自分のお酒は薄めに作る」「正直にお酒が苦手なことを告げてドリンクを飲む」などをして、カバーできます。

こうしたテクニックはどこの店でも皆知っているので、お酒に強くないことを予めスタッフに伝えておけば、各々がサポートに回ってくれます。

未経験でも働けるのか?

お店側は即戦力になる子よりも、笑顔や気遣いできる子を期待しています。

そのため、ナイトワークの経験有無で採用を判断されることはないと思って大丈夫です(給料については、経験者だと高くなる場合もある)。

離島の男性は、島内に住む手慣れた女性よりも、本土から来た右も左も分からない女性との会話を好みます。

そのため、リゾートバイトのナイトワークにおいては、むしろ未経験の方が好まれる場合もあるでしょう。

寮環境・生活スペース

リゾートバイトの寮

ナイトワークの場合、生活スペースは個室寮か店舗に併設されている居住スペースのいずれかになります。

個室寮の詳細については、以下の記事で詳しく説明しているので参考にどうぞ。

リゾートバイトの個室寮
リゾートバイトの個室寮は天国!他人と距離感を保ちたい人は個室寮に住み込むべし

リゾートバイトの個室寮とは、生活に必要な家具・家電を備えたワンルームタイプの寮を指します。 アパートやマンション生活とほぼ同じ感覚で住み込みできるため、プライベートを確保しながらリゾートバイト生活を送 ...

スナックで働く場合、店舗の2階などに併設されている従業員用の居住スペースに住む場合もあります。

こうした居住スペースの設備は、上記事に記載している一部共用型の個室寮と同様だと考えておくと良いです。

トイレやシャワールームは室内に設備されていますが、キッチンや洗濯機、乾燥機などは共用スペースに設備されています。

共用スペースは従業員全員が使用するので、それなりのルールが設けられています。

また、休日に全員で1時間〜2時間かけて清掃を強いられることもあるので、こうした点が嫌な人は予め寮環境について雇用先に細かく確認しておくと良いでしょう。

寮環境を含めた待遇について、きちんと問い合わせ対応してくれる求人サイトを後半に紹介しているので、そちらも是非参考にして頂ければと思います。

離島独特の人間関係

女子会

離島での人間関係におけるメリット・デメリットは表裏一体。良くも悪くも「コミュニティが狭い」の一言に尽きるでしょう。

離島の社会は狭いため、噂話などはすぐに流れる恐れがあります。

ましてやナイトワークであれば、良くも悪くも「〇〇(店の名前)に若くて可愛い子が入った」という情報を聞きつけて多くの男性が来店します。

万一、男性客と関係を持てば、見ず知らずの人にも関係を知られる可能性があるのが離島における村社会のデメリットと言えるでしょう。

離島で悪いことはできません。

ただ、一方でコミュニティが狭いからこそ「簡単には使い捨てできない人間関係」や「人間の親切見」に触れることができるのは大きなメリットです。

すれ違ったおばあちゃんが家に招いてくれて色々ごちそうになったり、お客さんから獲れたばかりの新鮮な魚介類をいただくこともあります。

良くも悪くも、都会のように「嫌だ」と思ったからと言って簡単に離れることはできないので、自分の中で程よい距離感を保ちながら島内の人と付き合っていくのが理想と言えるでしょう。

必ずしも密な人間関係を築く必要はありません。

負担にならない程度に距離感を保って過ごすのがベターです。

いくら稼げるのか?

家計

リゾートバイトにおけるナイトワークの時給は、冒頭にて記載したように1,500円〜2,000円前後である場合が殆どです。

家賃や水道光熱費については無料で、負担するのは食費だけと考えておいて大丈夫です。

勤務時間は店によって多少異なりますが、19:00〜1:00くらいの店が多いです(1日6時間勤務)。休日は月に4日〜8日間。

従って、仮に時給1,500円の店で月8日休みの場合、最低でも198,000円の給料は貰えるということになります。

  • 1日6時間勤務 = 1,500円 x 6時間 = 9,000円
  • 1ヶ月22日間勤務 = 9,000円 x 22日 = 198,000円

リゾートバイトでは、仲居やマリンスタッフといった人気職業の時給は1,000円前後です。

こうした人気職業は、ナイトワークより激務であるにも関わらず、ナイトワークより多くのお金は稼げません。

その点、1日の勤務時間が短くて肉体的疲労が少ないナイトワークは、やはり昼間の仕事よりは効率的に稼ぐことができると言えるでしょう。

食費を1日2,000円程度に抑えることができれば、ナイトワークなら1ヶ月15万近く貯金するのも現実的です。

次の就職先でナイトワークをしていたことがバレない?

後悔

現在、リゾートバイトで働く際にはマイナンバーの提出を求められるようになりました。

これに関して、「マイナンバーを提出したら、ナイトワークで働いていた履歴が残るのでは?」と懸念を抱いている方も多いようです。

ただ、結論から言うと、履歴は残るが個人や企業がそれを知る術はないので心配いらないです。

マイナンバーは「税金・社会保障・災害対策」以外の分野での使用を禁止されています。

税務署や地方自体には、「給与を支払った企業(お店の名前)・住所・法人番号・金額など」は知られますが、この情報を一個人や企業が知ることはできません

そのため、次の就職先でマイナンバーを提出したとしても、過去のナイトワーク履歴が紐付けされるわけではないので安心して大丈夫です。

次の就職先にマイナンバーを提出するのは、税金徴収と保険加入手続きのためであり、それ以上でもそれ以下でもありません。

税務署や地方自治体が知る過去の履歴と、次の就職先があなたのマイナンバーから読み取れる情報は全く無関係ということです。

そのため、過去にナイトワークを経験していた履歴が、次の就職先に知られることはありえないです。

もし不安であれば、以下でも紹介する求人情報先に、履歴が残らないかを確認してみるのも良いでしょう。

ナイトワーク求人の効率的な探し方

通常、リゾートバイトの求人を探す場合、リゾート地での求人情報を専門的に扱う派遣会社を通すのが一般的です。

ただ、リゾートバイト専門の派遣会社は数多く存在しますが、こうした会社の多くはナイトワークをリゾートバイトの一種と捉えていないため、ナイトワーク求人の扱いが多くありません。

しかし、派遣会社を通した方が、万が一トラブルや喰い違いがあった際、担当に相談できるので何かと安心です

また、待遇条件に関してのワガママも言いやすいので派遣会社を通すのが最も良い方法と言えます。

そのため、求人を探す際の優先順位としては

  1. リゾートバイト専門の派遣会社(ただしナイトワーク求人は決して多くない)
  2. リゾートバイト特集を組んでいる通常のアルバイト情報サイト

の順で探すのがベターと言えるでしょう。

リゾートバイト専門の派遣会社の中では、リゾバ.comが最もナイトワーク求人の扱いが多いです。

>>>ナイトワーク求人が多いリゾートバイト派遣会社【リゾバ.com】

リゾバ.comは、リゾートバイト派遣会社の中でもトラブルなどが少なく、また各リゾートバイターに担当がつくので、万が一雇用先の待遇に喰い違いや不満があった時、遠慮なく相談できます。

できれば、リゾバ.comで求人を探しておきたいところ。

TOPページのフリーワード検索から「ナイトワーク」と入力して検索をかければ、各ナイトワーク求人の詳細を確認できます。

リゾバ.comのナイトワーク求人

 

もし、リゾバ.comで気に入った求人が発見できなかった場合は、アルバイトEXを利用するのがおすすめです。

>>>アルバイトEXのリゾートバイト特集

アルバイトEXでは、常時全国における数千件のナイトワークリゾートバイト案件を扱っています。

上記のリゾバ.comで気になる案件が見つからなくても、アルバイトEXであれば必ず良い案件が見つかるでしょう。

アルバイトEXのナイトワーク求人

 

ただし、繰り返しになりますが、まず優先順位としてはリゾバ.comで見つける方が絶対におすすめです。

リゾバ.comであれば、寮環境の詳細(部屋の広さ、立地条件、築年数)などの細かい待遇も全て確認できますし、場合によっては寮の写真も見せてもらえます。

リゾートバイトにおける信頼度・経験はリゾバ.comが専門分野であるが故、確実に高いことは認識しておくと良いでしょう。

是非、思い残しのない充実したリゾバライフを送るためにも、上記求人サイトを上手く活用して欲しいと思います。

リゾートバイト派遣会社。大手5社の特徴

サポート

リゾート地での住み込みバイト探しは、自力で行うよりも専門の派遣会社を通す方が効率的です。

派遣会社を通すメリットは、就労先とのコンタクトがより円滑になるだけではありません。

就労先スタッフ達の年齢層や男女比、仕事内容の詳細を教えてもらえるので理想の勤務地が見つかりやすいです。

派遣会社によっては、留学やワーキングホリデー、上京や正社員雇用支援などリゾートバイト後の第2第3のキャリアサポートも行ってくれます。

現在、リゾートバイト業界で大手と呼ばれ最も信頼を集めているのが以下の5社です。

各社とも異なる特徴・得意分野を持ち合わせているので、理想のリゾバライフが実現できそうな派遣会社を選びましょう。

派遣会社は複数社での登録が可能です。

【業界No.1の高時給】リゾートバイト.com

リゾートバイト.comは、リゾートバイト派遣会社の中で最も時給が高い会社です。

通常、リゾートバイトの平均時給は1,000円ですが、リゾートバイト.comは時給1,100円以上の高額案件を多数揃えています。

中には時給1,250円や1,300円の超高額バイトもあります。

貯金や稼ぐことを何よりも優先したい人におすすめの派遣会社です。

【温泉地や保養地の求人に強い】アルファリゾート

アルファリゾートは温泉地や保養地の求人に特化したリゾートバイト派遣会社です。

温泉地においては、全国の求人を温泉の効能や効果から探せるようになっています。

毎日無料で温泉に入れる求人が多いため、温泉地での仕事に興味がある人は利用する価値がある派遣会社です。

時給1,100円以上の求人も多いので、給与面においても理想とする求人が見つかります。

【留学やワーホリへの支援が手厚い】はたらくどっとこむ

はたらくどっとこむは、リゾートバイトで留学やワーキングホリデー、バックパッカー旅行の資金を貯める目的を持った人へのサポートが手厚い派遣会社です。

スタッフが実際に上記のような海外経験を積んでいる方ばかりなので、費用や渡航国について詳しく情報提供をはじめとしたサポートをしてくれます。

また、海外の語学学校やワーキングホリデー先と提携を結んでいて、大手エージェントよりも安い費用で斡旋してくれるのも魅力。

リゾートバイト後に海外へ出ることを目的としている人におすすめの派遣会社です。

【友達同士での応募歓迎や短期の求人が多い】リゾバ.com

リゾバ.comは、友達同士での応募歓迎の仕事や1週間〜1ヶ月程度の短期案件が多い派遣会社です。

通常、友達同士での応募歓迎や短期の案件は普通の案件より数が少ないので、探そうとすると妥協が生じてしまいがちです。

しかし、リゾバ.comでは友達同士歓迎の案件が常時500件以上、短期案件は常時150件以上掲載されています。

長期休み中に友達同士でリゾートバイを始めてみたい大学生などに便利な派遣会社です。

【アルバイト初心者におすすめ】ハッシャダイリゾート

ハッシャダイリゾートは、アルバイト自体が未経験の人リゾートバイトに「楽しさ」を重視している人におすすめの派遣会社です。

ハッシャダイの特徴は、私たちアルバイトの要望を全て聞いた上で(ヒアリングがある)担当者が最適な求人を探し、スケジュール計画まで全て立ててくれる点。

待遇やスケジュールに納得がいかなければ何度でも計画を立て直してくれます。

また、担当者は就業中もマメにLINEでフォローしてくれます。心強い派遣会社です。

アルバイトが初めてで右も左もよく分からない、という人はハッシャダイリゾートを利用するのがおすすめ。

-職種・仕事内容