リゾートバイトで働いて「最短で」免許費用を貯める4つのポイント

投稿日:

免許取り立ての女性

自動車免許の取得費用を最短で貯めたいのであれば、リゾートバイトは最もおすすめのバイトと言えます。

なぜなら、リゾートバイトは寮費や水道光熱費、食費、交通費(支給有)が発生しないからです。

リゾートバイトの生活費内訳と可能な限り支出を抑える方法』にも記載した通り、リゾートバイトが初めての人であっても、住み込み中の生活費は最大でも4万円程度に抑えることができます。

生活費を除いて稼いだお金は全て免許の取得費用に充てることが可能です。

単純に自動車免許取得の合宿費用が仮に23万円だとしたら、23万円 + 生活費の4万 = 27万円を稼げば良いということです。

詳細は後述していますが、合宿で免許を取得するのであれば、1ヶ月リゾートバイトで働けば必要な費用は全て稼げます

通いでの免許取得費用を貯める場合は2ヶ月

 

自動車免許の取得費用を"最短で"貯めるためのポイントとなるのは、以下の4点です。

  1. より時給が高いリゾートバイト求人を探すこと
  2. 寮費、水道光熱費、食費無料の求人を探すこと
  3. "1ヶ月"という超短期の求人を探すこと
  4. 安く免許を取得できる方法を知っておくこと

今回の記事では、上記4つのポイントを抑えて最短で免許を取得するためのモデルプランを紹介します。

最後のまとめでは上記ポイントを抑えたリゾートバイト求人を探す方法も記載しているので、是非参考にして頂ければと思います。

短期のリゾートバイトでみっちり働いて、サクッと免許の取得費用を貯めてしまいましょう。

最初に整理!免許の取得に必要な費用は大体いくら?

クエスチョンマーク

最初にゴール(目標)、つまり「いくら稼いだらいいのか」を設定しておいた方がスケジュールプランを立てやすいです。

自動車免許を取得する費用は、『通いなのか・合宿なのか』『AT限定なのか・MT免許なのか』で金額が異なります。

各教習所によって料金に差がありますが、平均しての費用は以下の通り。

教習所通いの場合(平均費用)

  • AT限定…30万4千円前後
  • MT免許…29万円前後
免許取得までの日数…早い人だと1ヶ月、遅くて3ヶ月

合宿の場合(平均費用)

  • AT限定…20万円前後
  • MT免許…23万円前後
免許取得までの日数…2週間〜3週間弱

最短で費用を貯めるなら合宿狙いで

上記の通り、教習所通いか合宿かでは、必要な費用に10万円近くもの差があります。

最短で免許の取得費用を貯めたいのであれば、合宿狙い一択と言えるでしょう。

とは言え、合宿に参加するにはまとまった日数が必要です。

中には教習所通いでないと都合をつけられないという人もいるでしょう。

 

最初に理解しておきたいのは、通いでの免許取得費用を考えるのであれば、2ヶ月は働かないと費用を貯めるのは「無理」です。

通いの費用30万を貯めるには、生活費が最低でも4万円発生することを考えると1ヶ月に34万は稼がなくてはいけません。

さすがにリゾートバイトと言えど、1ヶ月で34万稼ぐのは不可能です。2ヶ月は働く必要があります。

ポイント1:時給1,200円以上の求人に絞って探すべし

お金を数えている手

リゾートバイトは職種や就労地によって時給が変わります。

一般に平均時給は1,000円ですが、沖縄などそもそもの最低賃金が低い場所においては、時給850円や900円といった高校生のアルバイト程度の求人も珍しくありません。

目的が「免許費用を貯めること」にあるのならば、就労地や職種にこだわらず、「稼げるか否か」を最優先するべきと言えるでしょう。

そこで、リゾートバイトの最高時給額である1,200円(ナイトワークはこの限りではない)を目処にまずは求人を探すことから始めてみましょう。

時給1,300円の求人

(時給1,300円の1ヶ月短期求人。傾向としては関東・関西圏に多い)

合宿費用を貯めるなら時給1,200円で1日9時間労働、月休み4日でクリア

合宿費用は最大でも(あくまで平均ですが)23万円前後だと上述しました。

仮に時給1,200円の求人で1日9時間、月4日休み(1ヶ月26日出勤)で働いた場合、稼げる金額および免許の取得費用に回せる金額は以下の通りです。

  • 時給1,200円 × 8時間 = 9,600円
  • 時給1,200円 × 時間外労働1時間(1.25倍増し) = 1,500円
  • 1日に稼げる金額は11,100円 = 9,600円 + 1,500円
  • 1ヶ月に稼げる金額は288,600円 = 11,100円 × 26日
  • 288,600円 − 1ヶ月の生活費約4万円 = 248,600円
  • 雇用保険 −約1,000円
  • 所得税 −約5,000円
  • 免許の取得費用に回せる金額は242,600円

リゾートバイト中は必ずと言っていいほど残業が発生します。

これは当然のことで、人手が足りないハイシーズンに求人募集をかけるからです。そのため、1日8時間労働と記載してあっても、実際には9時間労働や10時間労働ものぞめます。

結果として、時給1,200円以上の求人であれば1ヶ月に288,600円は稼げます。

生活費が約4万円に加えて雇用保険と所得税が発生するとして、24万2,600円は免許の取得費用に回せるという考えです。

AT限定・MTであっても足りる金額です。最も現実的な試算と言えるでしょう。

 

1日9時間労働を月26日となれば働き慣れていない大学生にとっては少々ハードに感じるのは否めません。

ただ、1ヶ月限定という終わりが見えているので、精神面においては随分と楽なのは確かです。

長距離フルマラソンよりも短距離集中型!」という方であれば、あっという間に1ヶ月が過ぎます。

ちなみに、1ヶ月だけのリゾートバイトなら社会保険加入の条件を満たしていないので、雇用保険所得税(合わせて約6,000円)以外で引かれる項目はありません。

通いの費用約30万を2ヶ月で貯めるには、時給1,200円の仕事を1日8時間 × 月26日

通いの場合、免許の取得にかかる費用は(平均して)30万円前後。

1ヶ月に15万貯められれば良いので、1ヶ月集中よりも多少は楽です。ただ、月の労働日数はやはり26日は欲しいところ。

注意しておきたいのは社会保険料の発生です。雇用期間が2ヶ月以上だと社会保険の加入が必須なので、給料から引かれます。

参考 >>>社会保険の加入条件

  • 時給1,200円 × 8時間 = 9,600円(1日に稼げる金額)
  • 9,600円 × 26日 = 249,600円(1ヶ月に稼げる金額)
  • 生活費 −約40,000円
  • 健康保険 −約11,000円
  • 厚生年金 −約25,000円
  • 雇用保険 −約1,000円
  • 所得税 −約5,000円
  • 1ヶ月の手取り = 167,600円
  • 2ヶ月で335,200円

上記はとてもシンプルな計算です。実際には残業が加わるので、手取りは34万円〜35万円ほどになるでしょう。

社会保険が引かれるのは大きいですが、こればかりは致し方ありません。

ただ、2ヶ月で十分に免許費用の貯金は可能です。

一般的なアルバイトより遥かに稼げる金額は大きいですね。

ポイント2:寮費、水道光熱費、食費無料(賄いがある)求人を選ぶこと

生活費の待遇

意外と多くの人が見落としがちな事実ですが

リゾートバイトの待遇は求人によって異なる

という点です。

『寮費用は月○万円』『賄いなし』という待遇の求人も実際に存在します。

寮費や水光熱費、食費が発生するのであれば、「最短でお金を貯めたい」という目的のみを持っている人にとってリゾートバイトのメリットは0に等しいと言えるでしょう。

最速で免許の費用を貯めるには、時給が高いことに加えて「生活費の支出がない」というのが条件です。

そのため、リゾートバイト求人を選ぶ際は

  • 寮費は無料か
  • 水光熱費は無料か
  • 食費無料(賄いがあるのか)

は最低限確認しておくべきと言えます。

交通費についても同様です。交通費を支給しない求人は見たことがない(おそらく存在しない)ですが、念のため確認しておきましょう。

ポイント3:1ヶ月の短期求人を探すこと

1ヶ月の短期リゾートバイト求人

リゾートバイトの落とし穴と言えるのが雇用期間。

リゾートバイトは3ヶ月をワンクール(最低雇用期間)としている求人が多いのです。

そのため、「1ヶ月働けば免許費用を貯められる!たったの1ヶ月!頑張るぞ!」と思っても、蓋を開けてみたら"雇用期間:3ヶ月〜"と待遇に記載されていて肩を落とすケースがあります。

 

しかし、現在ではリゾートバイトを始める人の多様化が進行していることもあり、1週間や1ヶ月のみの雇用期間を望む声も多くなりました。

まだまだ数は少ないですが、1ヶ月程度の超短期リゾートバイトの要望に応えて、営業力のある派遣会社では1ヶ月のみの求人も多く掲載しています。

 

そこで、上で述べた3つのポイント

  1. 時給1,200円以上の求人を探せる
  2. 寮費、水道光熱費、賄いがある(生活費がかからない)求人を探せる
  3. 1ヶ月程度の超短期求人を探せる

をしっかりと抑えて求人を探せる派遣会社を以下で紹介します。

【重要】免許費用を貯めるなら「リゾートバイト.com」一択

リゾートバイト.comのTOPページ

>>>免許費用を貯めるのに最適なリゾバ派遣会社【リゾートバイト.com】

リゾートバイトを始めるには、リゾート地での住み込みバイトを専門的に扱っている派遣会社を利用するのが一般的です。

ただ、派遣会社は複数存在していて、会社によって特徴が各々異なります

ある会社では温泉旅館系の求人が豊富だったり、ある会社では特定の地域の求人が豊富だったり…

そんな中、リゾートバイト.comを勧める理由は、なんと言っても業界で最も時給の設定額が高いからです。

 

先述した通り、リゾートバイトの平均時給は1,000円です。そのため、どの派遣会社で求人を探しても時給1,200円やそれ以上の求人は中々見つかりません。

しかし、リゾートバイト.comは業界ナンバーワンの高時給を謳っているだけあって、時給1,200円や時給1,300円、時には時給1,400円という求人が容易に見つかります。

リゾートバイト.comの求人

他の会社であれば、時給1,200円の高時給求人は数える程度。

シーズンによっては1件も掲載されていないことも珍しくありません。

しかし、リゾートバイト.comでは常時選べるくらいに1,200円超えや1,300円超えの求人が掲載されています。

もちろん寮費用、水道光熱費、食費は無料。往復交通費の支給もあり

また、殆どの求人で寮費、水道光熱費、食費が無料。自宅⇔就労先までの往復交通費の支給もあります。

担当に雇用期間も相談できる

リゾートバイト.comに掲載されている求人には、雇用期間が1ヶ月ではなく3ヶ月以上の求人も多く存在します。

中には雇用期間以外の条件・待遇はパーフェクトなのに…と思われる方もいるでしょう。

そこでおすすめなのが、派遣会社登録後に付く「担当」に雇用期間を相談してみることです。

担当は就労から期間満了までのサポートをしてくれる人です。

登録後に担当から連絡が来るので

  • 免許費用を貯めたい旨
  • 希望の時給
  • 希望の職種
  • 希望の期間
  • 希望の地域

を伝えて、条件と待遇に見合った求人を探してもらうのが一番早いです。

 

リゾートバイトを始める一番の目的がお金(免許費用を貯めること)にあるのなら、何よりも優先すべきは時給の高さと言えます。

時給1,200円以上の求人が見つかれば、上述したプランよりも少ない労働時間で目的達成できます。

まずは、担当に相談して待遇条件がマッチする求人をピックアップしてもらいましょう。

>>>免許費用を貯めるのに最適なリゾバ派遣会社【リゾートバイト.com】

ポイント4:出来るだけ安く免許を取得する

日本の免許証

多くの人が見落としがちなのが、免許を出来るだけ安く取得すること。

実は合宿免許のみですが、合宿を予約するサイトによって費用が異なります

当然、最も安い予約サイトから予約する方が、場合によってはリゾートバイトでの労働時間を想定よりも少ない範囲で済ませられます。

あるいは、予想以上に出費が少なくて余ったお金は娯楽費等に回せますね。

格安で合宿免許を申し込むなら、以下の予約サイトがおすすめです。

>>>格安で予約できる合宿免許サイト

上記のサイトは対象校やプラン内容によっては、168,000円〜(税込で181,440円〜)という格安の合宿免許も紹介されています。

合宿免許のプラン例

人によってはリゾートバイトでの労働時間を大幅に減らしても十分に貯められる金額と言えるでしょう。

こうしてまずは安い合宿所を探して、ゴール(目的額)から逆算してリゾートバイト求人を探すのも一つの手です。

是非、できるだけ安い予約サイトを利用して最短で免許費用を貯めて欲しいと思います。

>>>お得なプラン一覧【学割もあり】

学割をはじめとした割引情報も豊富です。

一時帰宅できるコースも用意されているので、スケジュール都合を合わせやすいのもポイント。

合宿で免許を取るなら最もおすすめの予約サイトです。

まとめ

長くなりましたが、リゾートバイトを利用して最短で自動車免許の費用を貯めるポイントは以下の4つです。

  1. 高時給のリゾートバイト求人
  2. 寮費、水道光熱費、食費などの支出を0にできる求人
  3. 1ヶ月などの短期に対応できる派遣会社から求人を探す
  4. (合宿なら)最安値の予約サイトから申し込む

ということでした。

是非、これから免許取得の費用を貯める方は参考にしてみて下さい。

リゾートバイト派遣会社。大手5社の特徴

サポート

リゾート地での住み込みバイト探しは、自力で行うよりも専門の派遣会社を通す方が効率的です。

派遣会社を通すメリットは、就労先とのコンタクトがより円滑になるだけではありません。

就労先スタッフ達の年齢層や男女比、仕事内容の詳細を教えてもらえるので理想の勤務地が見つかりやすいです。

派遣会社によっては、留学やワーキングホリデー、上京や正社員雇用支援などリゾートバイト後の第2第3のキャリアサポートも行ってくれます。

現在、リゾートバイト業界で大手と呼ばれ最も信頼を集めているのが以下の5社です。

各社とも異なる特徴・得意分野を持ち合わせているので、理想のリゾバライフが実現できそうな派遣会社を選びましょう。

派遣会社は複数社での登録が可能です。

【業界No.1の高時給】リゾートバイト.com

リゾートバイト.comは、リゾートバイト派遣会社の中で最も時給が高い会社です。

通常、リゾートバイトの平均時給は1,000円ですが、リゾートバイト.comは時給1,100円以上の高額案件を多数揃えています。

中には時給1,250円や1,300円の超高額バイトもあります。

貯金や稼ぐことを何よりも優先したい人におすすめの派遣会社です。

【温泉地や保養地の求人に強い】アルファリゾート

アルファリゾートは温泉地や保養地の求人に特化したリゾートバイト派遣会社です。

温泉地においては、全国の求人を温泉の効能や効果から探せるようになっています。

毎日無料で温泉に入れる求人が多いため、温泉地での仕事に興味がある人は利用する価値がある派遣会社です。

時給1,100円以上の求人も多いので、給与面においても理想とする求人が見つかります。

【留学やワーホリへの支援が手厚い】はたらくどっとこむ

はたらくどっとこむは、リゾートバイトで留学やワーキングホリデー、バックパッカー旅行の資金を貯める目的を持った人へのサポートが手厚い派遣会社です。

スタッフが実際に上記のような海外経験を積んでいる方ばかりなので、費用や渡航国について詳しく情報提供をはじめとしたサポートをしてくれます。

また、海外の語学学校やワーキングホリデー先と提携を結んでいて、大手エージェントよりも安い費用で斡旋してくれるのも魅力。

リゾートバイト後に海外へ出ることを目的としている人におすすめの派遣会社です。

【友達同士での応募歓迎や短期の求人が多い】リゾバ.com

リゾバ.comは、友達同士での応募歓迎の仕事や1週間〜1ヶ月程度の短期案件が多い派遣会社です。

通常、友達同士での応募歓迎や短期の案件は普通の案件より数が少ないので、探そうとすると妥協が生じてしまいがちです。

しかし、リゾバ.comでは友達同士歓迎の案件が常時500件以上、短期案件は常時150件以上掲載されています。

長期休み中に友達同士でリゾートバイを始めてみたい大学生などに便利な派遣会社です。

【アルバイト初心者におすすめ】ハッシャダイリゾート

ハッシャダイリゾートは、アルバイト自体が未経験の人リゾートバイトに「楽しさ」を重視している人におすすめの派遣会社です。

ハッシャダイの特徴は、私たちアルバイトの要望を全て聞いた上で(ヒアリングがある)担当者が最適な求人を探し、スケジュール計画まで全て立ててくれる点。

待遇やスケジュールに納得がいかなければ何度でも計画を立て直してくれます。

また、担当者は就業中もマメにLINEでフォローしてくれます。心強い派遣会社です。

アルバイトが初めてで右も左もよく分からない、という人はハッシャダイリゾートを利用するのがおすすめ。

-給料と貯金