リゾートバイトの生活費内訳と可能な限り支出を抑える方法

投稿日:

生活費

リゾートバイト中の生活費がおよそいくら発生するのかを把握しておけば、自身がリゾートバイトでいくら稼げるのか・貯金できるのかの見当がつきます。

リゾートバイトが初めての人であれば、最初の1ヶ月は何だかんだで1ヶ月の生活費は4万円程度かかると見ておいた方が良いでしょう。

2ヶ月目以降は、余程娯楽費や交際費に消費しない限り2万円〜3万円に抑えることができます

この記事では私のリゾートバイト経験をもとに、リゾートバイト中に発生する生活費の内訳と、支出を減らして出来るだけたくさん貯金する方法を記載しています。

支出が多くなってしまうと、せっかくリゾートバイトで働く意味が薄れてしまいます。

そのため、生活費は出来るだけ抑えるよう工夫するのが、早く目的の貯金額へ最速で到達するための道と言えるでしょう。

最初の1ヶ月。生活費は何だかんだで4万円程度発生する

4万円

以下は、実際に私が「3食賄(まかな)い付き寮費無料水道光熱費無料交通費支給Wifi環境あり」の求人先で初めて働いた時に発生した1ヶ月の生活費の内訳です。

<リゾートバイト初月の生活費約4万円内訳>

  • 食費約8,000円
  • スマートフォン料金約7,000円
  • 観光費用約5,000円
  • 交際費約5,000円
  • 雑費(おやつ、タバコなど)約15,000円

以下で生活費の内訳について詳しく述べていきます。

食費…約8,000円

まず、3食の賄いがありながら8,000円の食費が発生した理由ですが、これは休日は賄いが無かったからです。

求人先によっては休日も賄いを出してくれる場所もありますが、私が働いていた職場の賄いは勤務日のみでした。

私の1ヶ月の出勤日数は22日だったので、月の休日は8日間。

休日1日に発生した食費は500円 x 2食。そのため、1ヶ月で約8,000円の食費が発生しました。

スマートフォン料金…約7,000円

私の寮はWifi環境があったので、パケ放題を解約すればスマートフォン料金をもっと抑えることができたかと思います。

ただ、外出中もネットを利用したいと思っていたので、パケ放題は解約せずそのまま使用。

スマートフォン代は今や生きていくための必要経費なので、ある程度の料金発生については仕方ないのかなと思います。

注意しておきたいのは、地元を離れたという孤独感から友達にバンバン電話連絡してしまうと思ったより通話料がかさんでしまうという点。

ケチ臭いかもしれませんが、通話はなるべくLINEの無料通話を利用するなどして抑えるよう心がけておきたいです。

観光費用…約5,000円

「せっかくリゾート地に来たのですから、1回くらいは観光しておきたい!」ということで、私は休日に1回だけ観光しました。

私の場合、寮が市街のど真ん中にあったということと、各観光地が街中にコンパクトに収まっていたので、観光における交通費などはそこまで発生せず結果5,000円に収まりました。

観光は1回周れば十分かと思うので、観光費が発生するのはおそらく初月だけです。

実際、私も含め周りのリゾートバイト仲間達が周辺の観光に行った回数は、多くても2回〜3回程度という人が殆どでした。

交際費…約5,000円

交際費はリゾートバイト仲間達との飲み代、所謂ノミニケーション費です。

周りのリゾートバイト仲間達の多くも短期間での高額貯金が目的だったので、居酒屋などには出向かず、誰かの部屋に集まって缶ビールやおつまみを買って集まるといったものでした。

といっても月に2回程度しか飲み会は行わず、宅飲みだったので贅沢におつまみなどを買っても一人2,500円程度の出費で済みました。

こうした交際はもちろん断ることも可能ですが、参加するとリゾートバイト仲間達の仕事では見られない一面が垣間見えたりして中々面白いものです。

月に1回〜2回くらいは参加してみても良いかと思います。

雑費(おやつ、タバコなど)…約15,000円

これは個人的に一番無駄と思っている出費です。

生活中、たまに甘い物を飲んだり食べたりしたい時に、おやつ代として月2,000円〜3,000円程度発生しました。

おやつ代だけなら全く問題ないのですが、タバコは痛い出費(タバコ代だけで12,000円近く)です。

とは言え、タバコは止めようにも止められないので、喫煙者は非喫煙者よりも1万円近く多くの生活費がかかります。

逆に、非喫煙者の方であれば初月でも生活費は3万円程度に抑えられるでしょう。

初月から節約を意識しすぎるのは良くない

上記の内訳は、私が初めてのリゾートバイト生活で殆ど節約を意識せずストレスなく過ごした結果です。

ただ、今になって振り返ってみると、おやつ代や観光費、交際費、そして食費も安いお惣菜などを中心にすればもっと抑えることができたと思います。

しかし、初月から節約を意識しすぎるのは決しておすすめとは言えません。

初めてのリゾートバイト生活でまだ環境に慣れないウチから「アレもコレも節約のために我慢」と意識しすぎると、ストレスを溜め込みやすくなるからです。

初月は環境が変わっただけでなく、仕事でも覚えることなどがあり気疲れもします。

そんな時、「ちょっと甘い物が食べたい」「気分転換にどこかに出かけたい」と思ったら、一旦節約は忘れてストレス解消のために出費する方が良いです。

もちろん、度を越さない程度の出費が大前提ですが。

2ヶ月目以降は環境にも慣れてストレスなく2万円〜3万円に抑えられる

節約女子

私の2ヶ月目以降の生活費内訳は以下の通りです。

<リゾートバイト2ヶ月目以降の生活費。合計27,000円>

  • 食費約6,000円
  • スマートフォン料金約5,000円
  • 交際費約3,000円
  • 雑費13,000円

初月との大きな違いは、まず観光費が一切発生しなかったという点。

初月に既に観光地は巡ったので、入場料金がかかるような場所には一切行きませんでした。

続いて、食費は休日に1日1,000円(500円 x 2食)かかっていたのを、安い惣菜などを中心にしたり、仲良くなった調理係にお願いしてオニギリを作って貰ったりしました。

結果、食費は何とか月6,000円に抑えることができました。

これは、初月にリゾートバイト仲間との交流で調理係と仲良くなっていたのがプラスに働いたと言えます。

スマートフォン代もパケ放題は解約しなかったものの、上述したように地元の友達への連絡は全てLINE通話を使ったので5,000円にまで下がりました。

交際費は月1回程度に減りました。私もリゾートバイト仲間達も貯金が目的だったので、飲み会は月1回くらいで丁度よかったです。

雑費については、おやつ代はある程度減らすことはできましたが、タバコを減らすことはできなかったので初月とあまり変わりありません。

ただ、非喫煙者であれば上記の内訳から確実にタバコ代の1万が減るので、2ヶ月目以降は月2万円以下で過ごせるでしょう。

また、2ヶ月目以降は環境や仕事に慣れてくるのもあるので、節約を意識してもあまりストレスにはなりません。

支出を減らしたい方は、とことん節約に挑戦してみてはいかがでしょうか。

リゾートバイトの生活費を限りなく0にするためには

ビットコイン

リゾートバイト中の生活費支出を限りなく0に近づけるために重要なこと、それはいかに待遇の良い求人を探せるかに尽きると言えます。

意外と知られていない事実ですが、リゾートバイトは全ての求人が「三食賄い有り」で「寮費無料」「水道光熱費無料」というわけではありません。

求人によっては、1食もまかないがなかったり、また月数千円の寮費を取る職場も存在します。

今回の記事で私が例に出している「3食賄い有り」「寮費・水道光熱費無料」「Wifi環境有り」「交通費支給」という職場は、かなり待遇が良い職場と言えます。

以下の項目に当てはまる求人であれば、限りなく支出を減らせる待遇の良い求人と言えるので、是非求人を探す際の参考にしてみて下さい。

  • 3食賄い付きである(休日も賄いを提供してくれる場所であれば最高)
  • 寮費無料
  • 水道光熱費無料
  • Wifi環境あり(特にノートパソコンを持ち込みたい人は要チェック)
  • 洗濯機がある(乾燥機もあれば尚良い)
  • バルコニーがある(洗濯物を乾燥させるため)

待遇の良い求人を探すには

上記のような待遇の良い求人を探すには、ネットを使って自力で探すよりも、以下のようなリゾートバイト専門の派遣会社を利用する方が効率的です。

例)

こうしたリゾートバイト求人を専門的に扱う派遣会社であれば、手が空いた時に探せますし、勤務地や待遇の絞り込みが簡単にできます。

各派遣会社の特徴詳細については、以下の記事を参考にどうぞ。

リゾートバイトおすすめ派遣会社6社のアイキャッチ画像
リゾートバイトのおすすめ派遣会社。人気の5社をランキング形式で紹介【良い所も悪い所も記載】

リゾートバイトを始める場合は、リゾート地での住み込みバイト案件を多く扱う専門の派遣会社を利用するのが一般的です。 ただ、一言に派遣会社を利用すると言っても、派遣会社の種類は千差万別。 可能な限り自分の ...

また、上記のリゾートバイト派遣会社4社は、全て交通費を支給してくれます(2万円〜3万円)。

加えて、前払い制度も設けているので、実質手持ち金額0円からでもリゾートバイトを始められます。

各リゾートバイト派遣会社のHPから待遇を絞り込んで求人を探す手もありですが、求人によっては洗濯機やバルコニーの有無までは記載されていないのが難点。

そのため、おすすめの方法としては、まず派遣会社に登録したら、上記で述べた待遇を満たしている求人を担当に複数件探してもらうことです。

上記リゾートバイト派遣会社では、登録後に就業から就業終了までを世話してくれる担当がつきます。

担当に上記で述べた待遇を伝えて条件に合致している求人を探してもらう方が、自力で探すより効率的です。

また、担当には上記で述べた待遇以外にも

  • 仕事内容
  • 時給
  • 勤務地

などの条件も付けて求人を探してもらうことができます。

もちろん、条件を足せば足すほど求人は限られてくるので、ある程度優先順位を付けて妥協できる所は妥協してもいいくらいの気持ちで探してもらうと良いでしょう。

リゾートバイト派遣会社。大手5社の特徴

サポート

リゾート地での住み込みバイト探しは、自力で行うよりも専門の派遣会社を通す方が効率的です。

派遣会社を通すメリットは、就労先とのコンタクトがより円滑になるだけではありません。

就労先スタッフ達の年齢層や男女比、仕事内容の詳細を教えてもらえるので理想の勤務地が見つかりやすいです。

派遣会社によっては、留学やワーキングホリデー、上京や正社員雇用支援などリゾートバイト後の第2第3のキャリアサポートも行ってくれます。

現在、リゾートバイト業界で大手と呼ばれ最も信頼を集めているのが以下の5社です。

各社とも異なる特徴・得意分野を持ち合わせているので、理想のリゾバライフが実現できそうな派遣会社を選びましょう。

派遣会社は複数社での登録が可能です。

【業界No.1の高時給】リゾートバイト.com

リゾートバイト.comは、リゾートバイト派遣会社の中で最も時給が高い会社です。

通常、リゾートバイトの平均時給は1,000円ですが、リゾートバイト.comは時給1,100円以上の高額案件を多数揃えています。

中には時給1,250円や1,300円の超高額バイトもあります。

貯金や稼ぐことを何よりも優先したい人におすすめの派遣会社です。

【温泉地や保養地の求人に強い】アルファリゾート

アルファリゾートは温泉地や保養地の求人に特化したリゾートバイト派遣会社です。

温泉地においては、全国の求人を温泉の効能や効果から探せるようになっています。

毎日無料で温泉に入れる求人が多いため、温泉地での仕事に興味がある人は利用する価値がある派遣会社です。

時給1,100円以上の求人も多いので、給与面においても理想とする求人が見つかります。

【留学やワーホリへの支援が手厚い】はたらくどっとこむ

はたらくどっとこむは、リゾートバイトで留学やワーキングホリデー、バックパッカー旅行の資金を貯める目的を持った人へのサポートが手厚い派遣会社です。

スタッフが実際に上記のような海外経験を積んでいる方ばかりなので、費用や渡航国について詳しく情報提供をはじめとしたサポートをしてくれます。

また、海外の語学学校やワーキングホリデー先と提携を結んでいて、大手エージェントよりも安い費用で斡旋してくれるのも魅力。

リゾートバイト後に海外へ出ることを目的としている人におすすめの派遣会社です。

【友達同士での応募歓迎や短期の求人が多い】リゾバ.com

リゾバ.comは、友達同士での応募歓迎の仕事や1週間〜1ヶ月程度の短期案件が多い派遣会社です。

通常、友達同士での応募歓迎や短期の案件は普通の案件より数が少ないので、探そうとすると妥協が生じてしまいがちです。

しかし、リゾバ.comでは友達同士歓迎の案件が常時500件以上、短期案件は常時150件以上掲載されています。

長期休み中に友達同士でリゾートバイを始めてみたい大学生などに便利な派遣会社です。

【アルバイト初心者におすすめ】ハッシャダイリゾート

ハッシャダイリゾートは、アルバイト自体が未経験の人リゾートバイトに「楽しさ」を重視している人におすすめの派遣会社です。

ハッシャダイの特徴は、私たちアルバイトの要望を全て聞いた上で(ヒアリングがある)担当者が最適な求人を探し、スケジュール計画まで全て立ててくれる点。

待遇やスケジュールに納得がいかなければ何度でも計画を立て直してくれます。

また、担当者は就業中もマメにLINEでフォローしてくれます。心強い派遣会社です。

アルバイトが初めてで右も左もよく分からない、という人はハッシャダイリゾートを利用するのがおすすめ。

-リゾートバイトの基礎知識